無料ブログはココログ

« クライネス・コンツェルトハウス探訪 | トップページ | ア・カペラ混声合唱団が上京 »

2006年6月22日 (木)

西東京でモーツァルト記念公演

コロファーヌ室内合奏団
サマーナイト・コンサート060721_1
7/21(金)pm7:00
保谷こもれびホール

 1989年音大卒のヴァイオリン仲間が結成した弦楽合奏団。バロック音楽を中心に名曲の数々を披露しているが、時には珍しい現代曲にも挑戦している。ご縁は、もっとも真摯なチェンバリストと私が見込んでいる岡田龍之介が共演するから。岡田は、このホールのオープニングの「メサイア」公演以来、バロックものの時に呼ばれていて、「堅実で暖かみのある楽しい合奏を聴かせる」とのこと。「コロファーヌ」とは、フランス語で、弓の毛に塗る‘松ヤニ’。弦楽器には欠かせない。
 今回は、イタリア人指揮者アレッサンドロ・チチリアーティと初共演するが、演目のモーツァルト「アイネ・クライネ・・・」は4年前に大友直人指揮でも演奏しているので、指揮者による違いがどう現れるか、楽しみだ。
 チェンバロは、パッヘルベル「カノン」とバッハ「ブランデンブルク協奏曲5番」のバロックの2曲で登場する。バッハではフルート塚原由香とこの団の指導者ヴァイオリンの掛谷洋三が共演する。それに、エルガー「弦楽セレナード」とエルガーの弟子シェックの「夏の夜」と、現代曲も披露する。
問い合わせ:Tel/fax:0422-55-2481(神田)
注:写真はクリックして拡大後、いったん保存してから開くと下方も見られます。

« クライネス・コンツェルトハウス探訪 | トップページ | ア・カペラ混声合唱団が上京 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/2327748

この記事へのトラックバック一覧です: 西東京でモーツァルト記念公演:

« クライネス・コンツェルトハウス探訪 | トップページ | ア・カペラ混声合唱団が上京 »