無料ブログはココログ

« クライネス・コンツェルトハウス、7月定期 | トップページ | 作曲家・相澤洋正の個展? »

2006年6月11日 (日)

実力派女性ピアノ・トリオ誕生

美しきトリオTiaraティアラ
7/13(木)pm7:00
浜離宮朝日ホール
060713

 この道15年、それぞれソリストとして活躍してきた桐朋の同窓生が昨秋、ある催しで同じ舞台に乗り、意気投合した。Pf高橋多佳子、Vn礒絵里子、Vc荒庸子が結成したピアノ・トリオのデビュー・コンサートだ。
 室内楽のなかでもっともシンプルで、かつ自由度の高いピアノ三重奏という編成は、あるようでいて、なかなか出会えない。彼女らのキャフレーズ“音楽って楽しい”は、このブログの趣旨<音楽のガクは学ではなく、楽しいでしょ!>に通じるので、はずせない。
 モーツァルトとブラームスのピアノ三重奏曲、礒と荒のデュオでヘンデル、それに高橋のソロでリストの「リゴレット・パラフレーズ」。このリストは、やはりこのブログで紹介した6/15「フランツ・リスト」で、武蔵野音大生も弾く。
 “孤高のソロ、艶やかなデュオ、そして情熱のトリオ”が彼女らのウリ。個々のプロフィールなどは下記のHPでご覧ください。
http://www.concert.co.jp/ticket/details/tiara/index.html
http://www.japoland.pl/takako/
注:写真はクリックして拡大後、いったん保存してから開くと下方も見られます。

« クライネス・コンツェルトハウス、7月定期 | トップページ | 作曲家・相澤洋正の個展? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/2167169

この記事へのトラックバック一覧です: 実力派女性ピアノ・トリオ誕生:

« クライネス・コンツェルトハウス、7月定期 | トップページ | 作曲家・相澤洋正の個展? »