無料ブログはココログ

« 秀吉が聴いた西洋音楽は? | トップページ | バロックでつづる音楽史の旅 »

2006年7月28日 (金)

イタリアン・パッションの夕べ

パルマ・オペラ・アンサンブル
マルコ・ベルティ砂田涼子

9/6(水)pm7:00 紀尾井ホール060906

 ヴェルディのお膝元パルマのレージョ劇場で活躍する精鋭のアンサンブルが、初めて来日する。名付けてパルマ・オペラ・アンサンブル。
 同行するマルコ・ベルティは本格的‘テノール・スピント’、今夏もヴェローナ音楽祭では、「アイーダ」のラダメス、「カルメン」のホセに出演予定。ヴェルディ没後100年記念以来5年ぶりの来日で、今回歌うラダメスと「トゥーランドット」のカラフは2008年の来日公演が決まっているという。
 初めて聴く傑物もさることながら、共演するソプラノの砂田涼子も外せない。藤原歌劇団01年「イル・カンピエッロ」公演でガスパリーナ、 同じく「イル・カンピエッロ」の04年の公演ではニェーゼを演じた。このオペラは、ヴェリズモ様式のエッセンスともいえ、私にとって、ヴェリズモ・オペラの入門でもあったから、印象深い。今回は、「フィガロの結婚」の伯爵夫人、「トゥーランドット」のリューを歌う。この10月には、藤原公演「ランスへの旅」に出演が決まっている。
 楽団は、ヴァイオリンとヴィオラ2、チェロ・コントラバス・フルート・オーボエ・クラリネット・ホルン各1の10名による室内アンサンブルで、日頃、世界一耳の肥えた聴衆の評価に曝されている。ラテン系のノリも大いに期待している。
http://www.lattesa.co.jp/
注:写真はクリックして拡大後、いったん保存してから開くと下方も見られます。
 

« 秀吉が聴いた西洋音楽は? | トップページ | バロックでつづる音楽史の旅 »