無料ブログはココログ

« ロシア待望のピアニスト、ユリヤ | トップページ | ソプラノ・クラリネット・ピアノ »

2006年10月26日 (木)

現代歌曲で描く日本の情景

二期会 日本歌曲研究会
こころの調べVOL.2061112_1
自由学園 明日館
11/12(日)pm2:00

 発足して7年の二期会日本歌曲研究会。その会員有志が、この春立ち上げた新シリーズが“こころの調べ”。毎回テーマを決めて、お話しも入れながらの肩の凝らない音楽会という。
 今年3月の第1回は、「山田耕筰の世界」と題して、山田耕筰の独唱曲ばかりでなく、彼の編曲による愛唱歌も重唱にて披露した。演者は、いつも同じ顔触れというわけでなく、毎回会員の中から募る。
 その第2回目の今回が”現代日本歌曲で描く日本の情景”と題して、青島広志、大仲恩、團伊玖磨、中田喜直を歌う。
 出演は、ソプラノが黒川京子、村田由紀子、山本富美、油井恭子の4人、メゾが浜坂京子、テノール中村健、バリトン馬場眞二、ピアノ高木由雅。実績、キャリア満点の有志の集いといえよう。
 次回は来年5月3日、同じ会場に決まっているそうだ。
問い合わせ:0422-22-8547(浜坂)
注:写真は、右クリック「リンクを新しいウィンドウで開く」で全画面見られます。

« ロシア待望のピアニスト、ユリヤ | トップページ | ソプラノ・クラリネット・ピアノ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/3965086

この記事へのトラックバック一覧です: 現代歌曲で描く日本の情景:

« ロシア待望のピアニスト、ユリヤ | トップページ | ソプラノ・クラリネット・ピアノ »