無料ブログはココログ

« メゾの澤村翔子がベースのリサイタルに! | トップページ | 400年背にベートーヴェンを謳う »

2006年10月13日 (金)

全曲二重唱のオペラ・ハイライト

二期会オペラワークショップ研究会
オペラ ハイライト コンサート061024

10/24(火)pm6:00
滝野川会館

もみじホール

 聞くところによると、チラシの「出演」に名を連ねている13人は全て新進の若手ソプラノ。で、さらに聞くところによると、演目は何と、全て二重唱! こんな肝心なことが抜けている。
 聞けば、つい最近発足した研究会の最初の発表会だという。会の趣旨は、「イタリア、ドイツ、フランスなど、国にはこだわらず色々なオペラを全曲学ぶことを通じて、声楽的訓練をし、また国際的に通用するオペラ歌手を育成していくこと」
 ルチア、愛の妙薬、ドン・パスクワーレ、リゴレット、椿姫、仮面舞踏会、イル・トロヴァトーレ、カプレーティとモンテッキ、蝶々夫人、魔弾の射手、カルメン。
 それぞれの曲で、チラシに「助演」とあるテノール、バリトン、メゾソプラノの先輩がデュエットの相手を務める。
 構成を担当するフリッツ・トゥルッペ氏はシラー劇場などで腕を振るう名演出家。舞台上の道具は椅子など簡単なものに限られるが、寸劇仕立てで楽しめる舞台を目指しているという。 
問い合わせ:090-8814-9224
注:写真はクリックして拡大後、いったん保存してから開くと下方も見られます。
 

« メゾの澤村翔子がベースのリサイタルに! | トップページ | 400年背にベートーヴェンを謳う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/3785107

この記事へのトラックバック一覧です: 全曲二重唱のオペラ・ハイライト:

« メゾの澤村翔子がベースのリサイタルに! | トップページ | 400年背にベートーヴェンを謳う »