無料ブログはココログ

« 市民オペラLe voci がチレアに挑戦 | トップページ | 小山実稚恵の世界 »

2006年11月 1日 (水)

漆原啓子デビュー25周年記念

ヴァイオリン リサイタル
全6回コンサートシリーズ・第1回061116
11/16
(木)pm7:00
Hakuju Hall

 東京芸大付属高校に在学中の1981年、第8回ヴィニヤフスキー国際コンクールで、最年少の18歳で日本人初の優勝という快挙。大学に入学と同時に演奏活動を開始した漆原さん。以降、一貫して安定した高水準の演奏を続けるヴェテランと、プロフィールの書き出しにある。
 でも、ファンが知る彼女は、毎年夏の木曽音楽祭で、浴衣姿で舞台に立ったり、ブラスバンドに入った中学生の息子さんも一緒に打ち上げに参加するなど、ナイーブなお人柄。ファンが惹かれるのもうなずける。
 このシリーズは、毎回バッハの無伴奏曲を含み、豪華なゲストを迎える。初回はハープとピアノ。共演者について頂いたコメントをちょっと紹介しよう。
「ピアニストの林絵理さんは、これまでずっと共演して頂いているし、CDも一緒に出している気心の知れた仲間です。もうひと方のハーピスト山崎祐介さんは、高校の時からの先輩です。女のハープの人には無いダイナミックな音色が私は大好きです。今回のプログラムは、有名な曲目は少ないかも知れませんが、全部を聴いて頂ければ、きっと、楽しんで頂けると思っていおります。是非、お出かけください」
http://www.keiko-uru.com/
注:写真は、右クリック「リンクを新しいウィンドウで開く」で全画面見られます。

« 市民オペラLe voci がチレアに挑戦 | トップページ | 小山実稚恵の世界 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/4012931

この記事へのトラックバック一覧です: 漆原啓子デビュー25周年記念:

« 市民オペラLe voci がチレアに挑戦 | トップページ | 小山実稚恵の世界 »