無料ブログはココログ

« | トップページ | シュナイト/神フィル 音楽堂シリーズ »

2007年1月28日 (日)

リラックスして聴くヴァイオリン二題

リクライニング・コンサート・シリーズ
ヴァイオリンの日
戸田弥生
 
ピアノ:林達也
2/16(金)pm2:00 pm7:00 Jpg_1
Hakuju Hall

 このホールの開館以来の呼びもの、リクライニング・シリーズ。新しがり屋なので飛びついて一年半通った。でも、わざわざ出向いても、たった1時間の演奏ではもの足りなく感じられることもあって、その後、足が遠のいていた。
 福井の田舎で、ヴァイオリンが好きで3歳から弾いて遊んでいたという戸田弥生さん、きっと、天才少女なのだろう。今回、選曲に惹かれて久しぶりにリクライニングしたくなった。
 ベートーヴェンのソナタ「春」から始まり、イザイの無伴奏ソナタは4番だけにして、初めて聴く「子供の夢」、それに、やはりお初の、ミルシュタイン編曲のショパン「ノクターン20番」、最後はラベルの「ツィガーヌ」でしめる。実に、そそられる、ニクイ選曲だ。

フランス・ヴァイオリン界の至宝
ジェラール・プーレ
   ピアノ:川島余理
3/8(火)pm3:00 pm7:30Photo_8
Hakuju Hall

 こちらも天才少年だったそうだが、父親がドビュッシーのソナタを作曲家自身のピアノで1917年に初演したというヴァイオリニストの血筋。11歳でパリ国立音楽院に入学し2年後には首席で卒業、18歳のときパガニーニ・コンクール最優秀賞を受賞。フランチェスカッティ、メニューイン、ミルシュタイン、シェリングら、LPレコード時代の巨匠達の教育を受けたという、とんでもない恵まれた経歴の持ち主だ。
 その彼のプライベート・コンサートに昨夜(1/27)お呼ばれした。藤原歌劇団「ラ・ボエーム」のマチネ会場を慌ただしく脱出して都電荒川線庚申塚へ参じた。メンデルスゾーン、ダーフィット、ブラームス、クライスラー、それにピアニスト川島作曲のヴァイオリンのための組曲などを、たっぷりと聴かせてもらった。3月8日のHakujuホールの演目はクライスラーの小曲集の代わりにツィゴイネルワイゼンを振る舞ってくれる。
http://www.hakujuhall.jp/top/concert/index.html#reclin_ticket
http://www.maestoso.info/poulet/

 

 

 

 

« | トップページ | シュナイト/神フィル 音楽堂シリーズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/5104746

この記事へのトラックバック一覧です: リラックスして聴くヴァイオリン二題:

« | トップページ | シュナイト/神フィル 音楽堂シリーズ »