無料ブログはココログ

« 藤原歌劇団、新演出で新春オペラ | トップページ | ライブならではのマリンバの醍醐味 »

2007年1月 3日 (水)

チェリスト鈴木秀美コンサート

第37回サントリー音楽賞受賞記念
1/31
(水)pm7:00070131
サントリーホール

 鈴木秀美が受賞したサントリー音楽賞は、洋楽の発展に寄与した音楽家に贈られる。贈賞理由の一部に、鈴木さんはバロック・チェロ奏者のみならず、指揮、執筆、教育など幅広く活動し、その成果が、互いに結びついて音楽家としての成熟をもたらした、とある。
 チェリストとしての活動に加えて、手勢の室内オーケストラ、オーケストラ・リベラ・クラシカで、ハイドンの初期の交響曲に光を与えた功績も特筆に値する。
 で、この日の共演者には、ピアニストに加えて、このオーケストラ・リベラ・クラシカも欠かせないワケだ。
 さらに目出度いことが重なっている。この日のフォルテピアノ(Fp)奏者、平井千絵さんは、ヨーロッパで大変な活躍ぶりで、頼もしい限りなのだが、昨秋、鈴木秀美氏との共演でリリースした、「メンデルスゾーン:チェロとピアノのためのソナタ作品全集」が、平成18年度文化庁芸術祭(レコード部門)優秀賞を受賞したのだ。
 かくして、この日の演目は、J.S.バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番ト長調、シューベルト/アルペジョーネ・ソナタ、ハイドン/交響曲第60番ハ長調「うかつ者」となった。
http://www.suntory.co.jp/news/2006/9619.html
http://www.hdm-olc.com/hdm/index.html
http://www.chiehirai.com/japanese_top.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。
 

« 藤原歌劇団、新演出で新春オペラ | トップページ | ライブならではのマリンバの醍醐味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/4778893

この記事へのトラックバック一覧です: チェリスト鈴木秀美コンサート:

« 藤原歌劇団、新演出で新春オペラ | トップページ | ライブならではのマリンバの醍醐味 »