無料ブログはココログ

« 沼尻、三鷹・風のホール公演 | トップページ | 4手ピアノ連弾コンサート »

2007年2月24日 (土)

LIP presents OPERA 「オテロ」

ヴェルディ作曲 歌劇『OTELLO』
3/10(土)pm6:0007031011
3/11(日)pm3:00
北とぴあ さくらホール

 ヴェルディの悲劇『オテロ』といえば、よく知られた歌劇だが、その国内公演は、意外に少ない。私も今度が3度目にすぎない。
 最初の観劇は、首都園オペラ(市民オペラの首都圏版?)だった。丁寧な演出で分かり易すく、楽団は少々荒っぽかったものの、初心者の我が家にはピッタリだった。その次は、オテロ役がカレーラスという本格派。デズデモナがチリ出身のすばらしい若手だったが大柄なので、抱擁する場面は必ず段差のある舞台で演じるのに気がついておかしかった。
 悪役のヤーゴが芸達者だと、途中ほんとに不快な気分になり、それだけ終幕の悲惨な結末に涙すること間違いなし、という名作だ。
 主役のオテロ役(テノール)とヤーゴ役(バリトン)は、いずれも難役。LIP主宰の大森誠がライフワークとするヴェルディ・オペラだが、その最高峰の『オテロ』は、じっくり温めて7回目に“解禁”というわけだ。大御所の大森ご夫妻らと中堅実力派とのダブルキャスト。演出は、これまた分かり易い舞台運びで定評のある大島尚志だ。
http://www2.odn.ne.jp/lirica/lippresentsopera.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。
 

« 沼尻、三鷹・風のホール公演 | トップページ | 4手ピアノ連弾コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/5468330

この記事へのトラックバック一覧です: LIP presents OPERA 「オテロ」:

« 沼尻、三鷹・風のホール公演 | トップページ | 4手ピアノ連弾コンサート »