無料ブログはココログ

« 中鉢聡テノール・リサイタル | トップページ | 知られざる作品を広めるコンサート »

2007年4月25日 (水)

ポーランドの巨匠クルカ、来日公演

コンスタンティ・アンジェイ・クルカ
ヴァイオリン・リサイタル

ピアノ:平澤真希 070529vn_1
5/29(火)pm7:00
三鷹市芸術文化センター

 5月下旬の仙台国際音楽コンクールに審査員として来日する機を捉えて、ヴァイオリニストの巨匠、ポーランドのコンスタンティ・アンジェイ・クルカのリサイタルが、何と東京は三鷹市芸術文化センターで実現する。
 ちょうど今年は、日本とポーランドの国交回復50周年にあたり、しかも、ポーランドの作曲家シマノフスキの没後70年目にもあたる。日ごろあまり馴染みのないポーランドの音楽に触れる絶好の機会といえよう。
 クルカ氏は、1947年ポーランド・グダニスク生まれ。17歳で、ジェノヴァのパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールの特別賞を受賞、2年後の66年ミュンヘン国際音楽コンクールで優勝し、国際デビューを果たす。これまでに、ベルリン・フィル、シカゴ響、ミネアポリス響、ロンドン響、アムステルダム・コンセルトヘボー、イギリス室内管などと共演し、ルツェルン、ボルドー、ベルリン、ブライトン、プラハ、バルセロナ、フランドル、ワルシャワといった多くの音楽祭に出演している。レコーディングは、ヴィヴァルディ、モーツァルト、メンデルスゾーン、グラズノフ、ラロ、バルトーク、プロコフィエフ、ベートーヴェン、ブラームス、カルロヴィチ、ペンデレツキ、ヒンデミット、シマノフスキの協奏曲、さらに、ペンデレツキ、ルトスワフスキ、クナピク、ブロッホ、ヤブロニスキといったポーランドの現代作曲家の作品や室内楽など多数を録音。81年パリで録音したシマノフスキの二つの協奏曲は「ディスク大賞」を受賞している。またポーランドの作曲家の作品を海外でたびたび演奏している。スターンが初演したペンデレツキ作曲の協奏曲第一番を、作曲家自身の指揮のもと、スターン以降初の奏者としてヨーロッパや北米で繰り返し演奏してきた。94年からワルシャワ・ショパン音楽院の教授、国際ヴィニヤフスキ・コンクール審査委員長。
 今回の演目は、ベートーヴェンのスプリング・ソナタ、シマノフスキのソナタ作品9、リピンスキの幻想曲など。
 共演するピアニストは、長野出身の平澤真希さん。大賞を受賞した93年の国際霧島音楽祭でポーランドの審査員に才能を認められ、ショパンアカデミーの大学院に留学、シマノフスキのほとんどの作品を習得して96年に首席で卒業し、以降、国際的に活躍している。もちろん、クルカしとは旧知の仲で、今回の催しを実現すべく奔走されたそうだ。
主催:「日本・ポーランド文化の架け橋」コンサート実行委員会
問い合わせ・Tel:0422-71-6108(山本)
チケット・Tel:03-5355-1280(ヴォートル)、
0422-47-5122(会場)
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 中鉢聡テノール・リサイタル | トップページ | 知られざる作品を広めるコンサート »