無料ブログはココログ

« 石田泰尚がモーツァルトの協奏曲 | トップページ | ファッジョーニ演出のオペラを再演 »

2007年5月14日 (月)

二期会の12研究会が初の合同演奏会

二期会研究会駅伝コンサート
6/16(土)pm3:00
東京文化会館
小ホール20070616

 二期会が邦人歌手の国内最大の会員組織だということは皆さんも御存知だろうが、会員の自発的な研究会が12もあるとは知らなかった。その全研究会が一堂に会し、20分ずつのステージを繋いでいく、リレー・コンサートだが、それを“駅伝”というところが、いかにも二期会らしい。
 第1ランナー「日本歌曲研究会」に次いで、「ロシア歌曲」、「ドイツ歌曲」、「フランス歌曲」、「イタリア歌曲」、ときて最初の休憩。
 続いて、「バッハ・バロック研」、「オペラワークショップ研」、「イタリアオペラ研」、「ロシア東欧オペラ研」で、二回目の休憩。
 ラストコーナーは、「スペイン音楽研」、「オペレッタ研」、最終ランナーは、「英語の歌研究会」という展開だ。
 このうち、このブログ“Music a la Carte”で紹介したことのある歌い手さん、お二人から案内が届きました。
 一人はソプラノ山本富美さん(日本歌曲)で、畑中良輔の曲を、もう一人はメゾの飯島由利江さん(イタリア歌曲)で、チェスティのオペラ「オロンテーア」より「私の偶像である人の回りに」を歌うとのことです。
詳しくは、以下の二期会のHPをご覧ください。http://www.nikikai.net/concert/20070616.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 石田泰尚がモーツァルトの協奏曲 | トップページ | ファッジョーニ演出のオペラを再演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石田泰尚がモーツァルトの協奏曲 | トップページ | ファッジョーニ演出のオペラを再演 »