無料ブログはココログ

« 蘇る鬼才・実相寺昭雄の演出 | トップページ | 菅原淳 打楽器リサイタル »

2007年5月30日 (水)

三戸素子 無伴奏ヴァイオリンの夕べ

J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンソナタ 全3曲
6/6(水)pm7:00 
自由学園 明日館20070606_3   

 通常、この明日館というと、講堂を会場にするのだが、今回の公演は、旧帝国ホテルを手掛けたライト設計のホールで催される。窓枠から椅子に至るまで、彼のデザインのまま残されていて、現在、重要文化財に指定されている。「グランドピアノを置くことは想定されていないので、今回のようなヴァイオリン1本の演目になります」と三戸さん。
 ここでの演奏は今回が2度目、最初は2003年でパルティータ全3曲だった。「本当は、作品番号順にソナタとパルティータを交互に1番から順に演奏するのが最善なのですが、でも、取り組み始めると1曲だけでも大変な内容なのです。ソナタには必ず4声のフーガの楽章があるのですが、ちょうどヴァイオリンの弦4本で弾ける最大限の規模で書かれているのです」
「タテの和音だけ合っているという演奏が多いのですが、本当はヨコに連なるテーマも表現したいのです。タテもヨコも、そして大きな枠組みも、、、、四苦八苦の毎日です」
60席しかない小さな会場なので、既に満席に近いそうです。
http://www.ozawa-y.com/Motoko_j.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 蘇る鬼才・実相寺昭雄の演出 | トップページ | 菅原淳 打楽器リサイタル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蘇る鬼才・実相寺昭雄の演出 | トップページ | 菅原淳 打楽器リサイタル »