無料ブログはココログ

« ファッジョーニ演出のオペラを再演 | トップページ | 蘇る鬼才・実相寺昭雄の演出 »

2007年5月15日 (火)

ベートーヴェン チェロソナタ全5曲

ベーレンライター新版による
小澤洋介&ティム・レーベンスクロフト
チェロリサイタル20070528v
5/28(月)pm6:30
東京文化会館

 小澤のベートーヴェン チェロソナタ全曲演奏会は、1998年6月ロンドン、同年と99年の10月と、これまでに3回あった。今回は4度目だ。
 ことの発端は、2004年にベーレンライター社から改訂版が出版されたことに始まる。これまでは3回ともヘンレ版をつかってきたのだそうだ。真っ先に彼に知らせてきたのは、盟友のピアニスト、ティム・レーベンスクロフトだった。
 「今回の改訂版は思いのほか改訂箇所が多いのでびっくりしました。また、これまでの改訂の道筋もしっかりと説明されている、よりベートーヴェンのオリジナルに近づいた大変素晴らしい楽譜です。二人で時間をかけて、ひとつひとつ検証し、多くの興奮を味わいました」
 「この新鮮な楽譜を聴衆の皆さまにお届けしたい。巨人ベートーヴェンの凄まじい想像力と健康な精神を、よりストレートに表現したい」、、、小澤が語り出したら止まらなくなる、かも。
http://www.ozawa-y.com/yosuke_j.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« ファッジョーニ演出のオペラを再演 | トップページ | 蘇る鬼才・実相寺昭雄の演出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ファッジョーニ演出のオペラを再演 | トップページ | 蘇る鬼才・実相寺昭雄の演出 »