無料ブログはココログ

« 実稚恵のPf演奏会・紘子のBee丸かじり | トップページ | Hakujuリクライニング・コンサート・シリーズ »

2007年6月 8日 (金)

漆原啓子デビュー25周年 全6回コンサート

第4回 ヴァイオリン リサイタル
6/21(木)pm7:0020070621_2
Hakuju Hall

 昨秋にスタートしたこのシリーズも、はや折り返し地点を過ぎて4回目。長い演奏活動の間に出会ったお仲間が毎回共演するのだが、今回は、ピアニストのディヴィッド・コレヴァーとクラリネットの横川晴児。
 毎回、バッハの無伴奏で始めるのだが、今回は、ソナタの1番。次のベートーヴェンのソナタ7番は、「中学3年のときの日本音楽コンクールの課題曲(第1楽章)で、この時初めてソナタというものを学んだ、想い出のある曲なのです。今回の共演者コレヴァーさんと相談するとき最初に浮かんだのが、この曲でした」
 彼は、アメリカ人のピアニストで、この10年来、共演を重ねているという。ストラヴィンスキーのディヴェルティメントもお二人の大好きな曲とのこと。
 最後のバルトークで共演する横川氏は、フランスで学んだN響の首席で、これまでに何度か共演しているというが、「今回の3人で舞台に立つのは初めて。アメリカ、フランス、日本で勉強した3人のコントラストがどうなるか、お楽しみに!」
http://www.japanarts.co.jp/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 実稚恵のPf演奏会・紘子のBee丸かじり | トップページ | Hakujuリクライニング・コンサート・シリーズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実稚恵のPf演奏会・紘子のBee丸かじり | トップページ | Hakujuリクライニング・コンサート・シリーズ »