無料ブログはココログ

« 読売日響7月公演に‘2つの巨星’ | トップページ | りとるぷれいミュージック 25周年100回記念 »

2007年6月21日 (木)

クライネス・コンツェルトハウスop.23

進化する室内楽!弦楽オーケストラ
7/15(日)pm7:00 20070715_2
東京文化会館 
小ホール

 いつも斬新なチラシに目を引かれるのだが、主宰のチェリスト小澤洋介の手になるデザイン。毎回、意表を衝く彼のアイデアは、プロのデザイナーには、かえって至難の業だと思う。
 今回の催しは、“小さな音楽の館”としては上限だろう、16人という大所帯、当ハウス初の弦楽オーケストラの催しとなった。
 案内文を引用すると、こうなる。
「かねてより親交のある奏者たちが集まって創り出すアンサンブル。毎回のリハーサルでは活発な意見や新しいアイデアが飛びかい、楽器を持ってこそ可能な音楽観や経験など、交流の場になっています」
 かつて、クラリネット五重奏の練習の日にお尋ねしたことがあるが、楽音の掛け合いのちょっとしたタイミングのズレも許さない、自らに厳しい面々。今回も、在京オケのコンマスや首席経験者を含むベテランとそれを追う中堅のツワモノぞろい。期待が膨らむ。メンバーのプロフィールは下のHPで御覧ください。
 今回は、チェコの作曲家ドヴォルザークとヤナーチェクの作品に加え、三戸素子の独奏によるバッハのヴァイオリン協奏曲第1番というプログラム。
「日曜日ではありますが、夜7時からの公演になります。どうぞお間違いのないようお越し下さい」と三戸さん。
http://www.ozawa-y.com/kk/k23/KK23_muster.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 読売日響7月公演に‘2つの巨星’ | トップページ | りとるぷれいミュージック 25周年100回記念 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 読売日響7月公演に‘2つの巨星’ | トップページ | りとるぷれいミュージック 25周年100回記念 »