無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月30日 (月)

待望のカサロヴァ・オクタビアン

チューリッヒ歌劇場 来日公演
「ばらの騎士」

9/2(日)pm3:000709_1

9/4(火)pm6:00
9/8(土)pm2:00
オーチャードホール

 ヨーロッパの歌劇場で初めて見たオペラが、2002年、たまたまチューリッヒ滞在中に上演していた「愛の妙薬」だった。街は散策するに手頃な規模で、街中だけなら一日歩いているだけで路地裏も頭に入る。湖畔に佇むチューリッヒ歌劇場は夕日に眩しく映え、キャパ1,100席と、歌手が頑張って声を張りあげなくて良い手頃なサイズだ。この日の「愛の妙薬」は、ごくオーソドックスな演出で、豪華な装置というわけでもない。ドイツ語圏なので、ドイツ語の字幕がでる。イタリア語を解する人が1/3ほどいるのだろう、彼らが笑った直後に残りがどっと笑う。1891再建された劇場の内装は豪華なのだが、舞台上では素朴な村芝居が演じられていた。
 この印象が消えないチューリッヒ歌劇場が、待望の「ばらの騎士」の引っ越し公演を打つ。「椿姫」公演もあるが、私はこちらを選んだ。ヴェッセリーナ・カサロヴァが「ばらの騎士・オクタヴィアン」を演じるからだ。私のカサロヴァ体験は、もう10年ほど前になろうか、サントリーホールでのグルヴェローヴァとのデュオ・リサイタル、サントリーホール公演の語り草になっている名演奏会。以来、外せない歌手になっている。
  私が最初に見た「ばらの騎士」は、二期会公演で林美智子オクタヴィアン、これがピッタリはまり役だったが、その後、林は「皇帝ティトの慈悲」のセスト役でも同様に好演技を披露した。そのセストをカサロヴァが演じた「皇帝ティト」を衛星放送で見てしまった。P1070190_1
 これはもう、カサロヴァの十八番、間違いなし。というわけで、カサロヴァ・オクタビアンを見ずして、「ばらの騎士」は語れまい。
  チューリッヒ歌劇場は、欧州でもっとも収益率の高い劇場だそうで、そういう意味でも、業界から注目されている。1991年以来の総裁アレクサンダー・ペレイラは、この来日公演を期に、自らこの春来日し、プレスカンファレンスを行った。
その他の出演者、チケット情報などは下記のHPで見られます。
http://www.operazurich.jp/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。
 

 

2007年7月27日 (金)

文化会館レクチャーコンサート<二つの顔>

第2回「リズムとメロディ」
加藤訓子
(ナビゲーター&パーカッション)
 
9/7(金)pm7:00070907
東京文化会館
小ホール

 第一線で活躍するアーティストがレクチャーと演奏を行う東京文化会館のレクチャーコンサート、2007-2008シーズンのテーマは「二つの顔」。その第2回目は、2006年の武満徹幻のパーカッションコンチェルト「カシオペア」演奏や、Hakuju Hallでの年末特別企画公演(宮城聰演出)など、独創的な演奏活動が話題の加藤訓子。世界のマリンビストに選ばれし、新時代の顔が新境地を拓く。チラシのデザインも秀逸だ。
 マリンバ奏者の中には、天才とていってもよいような、とてつもない逸材がいる。この欄で今年1/20公演を紹介した出田りあ嬢は、パリで活躍しコンクール総なめ、まだ20代なのに審査員に抜擢されるほど。この6月に読響を退職した菅原氏の有終の美リサイタルも凄かった。
 13才でマリンバに出会った加藤は、世界的マリンビスト安倍圭子へ師事するため、桐朋学園音楽部打楽器科に入学、打楽器全般に本格的に取り組み始める。桐朋学園大学卒業。同校研究科在席時から単独渡欧し、ロッテルダム音楽院へ留学。打楽器奏者として史上初のクムラウド称号を授与され首席で卒業。1990年第7回日本管打楽器コンクール打楽器部門2位を皮切りに、数々の世界的な指揮者や作曲家から注目される打楽器奏者として世界を舞台に活躍する。その技量、音楽性、芸術性の高さは、学生時代から注目され、ソリストとしてマリンバ、打楽器にその天性の才能を発揮する。米国PASICには2000年、2001年と連続で招かれ世界35人のマリンビストにも選ばれている。現在、米国に拠点を置き、アジアや欧米で幅広く活躍している。
 今回の公演は、解説を交えての一人舞台。演目は以下の通り。
武満徹/ムナーリ・バイ・ムナーリ
デビット・ラング/アンビル・コーラス
加藤訓子/ルーツ・オブ・マ・リンバ
プッチーニ(加藤訓子編)/オペラ「蝶々夫人」「トゥーランドット」「ラ・ボエーム」より抜粋
http://www.t-bunka.jp/shusaikouen/lecture/lecture07_0907.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

2007年7月23日 (月)

聴衆を幸せにするアンサンブル

TOTYO ENSEMBLE 東京公演2007
9/8(土)pm2:00
東京オペラシティ
コンサートホール070908_1

 服部譲二が弾き振りするはずだった神奈川フィルの8月公演が急にキャンセルされてしまったことは、つい先日この欄で報じたが、こちらの“聴衆を幸せにするアンサンブル”をモットーとする彼の公演は予定通り催される。
 1969年東京生まれ、ウィーン育ちの服部は、ライナー・キュッヒルなどに師事、ユーディ・メニューインと親交があり、20歳(89年)でメニューイン国際コンクールに優勝など、多くの国際コンクールで入賞し、バイオリン奏者として主要オーケストラと共演した。
 が、2002年の第1回マゼール指揮者コンクールで入賞したのを機に指揮活動を始める。04年にはウィーン室内管弦楽団の正指揮者となり、06年1月、新国立劇場公演の「魔笛」を指揮、国内でも広く認められるようになった。この秋、ドイツのエアフルト歌劇場の第1カペルマイスター就任のニュースは、先日の記事で紹介済み。
 そうした彼が、若手の選りすぐりを集めて、この弦楽アンサンブルを立ち上げたのは01年。以来、毎年、彼のヴァイオリンが聞けるようになった。
 一週間のリハーサル合宿を常とするが、今年は、北海道・帯広。滞在中に成果を地元で披露する。また、演奏会当日のリハーサルは、子どもたちに公開される。
 今年の特別ゲストはヨーロッパを中心に活躍しているピアニストのミハエラ・ウルスレアサ。服部の指揮でショパンのピアノ協奏曲第2番(弦楽合奏版)を弾く。また、生誕150周年を迎えるエルガーやブルックナーの弦楽五重奏曲、それに最後のプログラムの、ショスタコーヴィチの室内交響曲は、昨年のバンクーバー・フェスティバルで大好評だったそうで、今年はさらに磨きをかけた演奏が期待できそうだ。服部は第1ヴァイオリンの首席の席で、時にはソロも弾くコンサートマスターとして演奏する。
 メンバー・リストなどは、下記のURLでご覧ください。
http://www.tokyo-ensemble.com/jpn/concerts/concerts.htm
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。


 

神フィル夏のモーツァルトにVnの礒

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
第237回 定期演奏会

8/24(金)pm7:00
横浜みなとみらいホール070824

 読売日響の7月の定期演奏会で、予定していた指揮者が変更されたことを書いた。行ってみたら、ヴァイオリン協奏曲のソリストも急遽変更という。これには驚いた。プログラムの印刷に間に合わなかったほど急だったようだ。そうした急な要請に応えた川久保賜紀の堂々たる演奏に感服したばかりだが、8月は神奈川フィルを弾き振りするはずだった服部譲二が、急遽、辞退することになった。神フィルのHPに彼の挨拶が載っている。
「ドイツのエアフルト歌劇場の第1カペルマイスターのポストに就任することになりました。これに伴い、この歌劇場の主軸のひとつである野外オペラを指揮することを義務付けられてしまい、その結果、スケジュールの重複が起こりました。私にとって、本当に辛い選択を強いられることになり・・・」
 滅多に聴けない彼のヴァイオリンなので、とても残念! なのだが、急遽登板が決まったのが、なんと礒絵里子。将来有望と見込んでこの欄で紹介したことがあるのだが、なんと、神フィルの事務局も目をつけていたそうで、幸運にもスケジュールが合ったという。
 指揮のゴロー・ベルクは、1968年生まれ、2001年にデッサウ・アンハルト劇場の音楽総監督に就任、日本ツアーで「サロメ」や「さまよえるオランダ人」を振ったそうだ。
 演目は年間計画で決まっているので変更せず、オール・モーツァルトで、交響曲25番と38番「プラハ」、それに、突然、降って沸いた吉報、礒が弾く協奏曲第1番。これは、もう外せない。
http://www.kanaphil.com/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

2007年7月22日 (日)

コバケンの「復活」

フィルハーモニック アンサンブル管弦楽団
第46回演奏会~第3回ヨーロッパ演奏旅行帰京公演~
8/18(土)pm6:00
東京文化会館0708

 小林研一郎の陣頭指揮で特訓を請けた合唱団員から彼の凄さを聞かされて、これは外せないと思った。それからチラシを取り寄せたのだが、なんとも、しつこい、字余りのような楽団名、それにチラシに謳われた臭いコピー。先にこのチラシを見ていたら、聴きに行く気になったかどうか分からない。
 と云いながら、裏面を見てびっくり。この楽団は1976年、私の出身大学の立教大学交響楽団OBが結成したそうで、79年に広く門戸を開いて社会人オケとして自主公演を続けているという。
「ホールも楽器の一部」を基本理念に響きの良いホールを求めて演奏旅行を企画。92年にはニューヨークのカーネギーホールで初の海外演奏会を開き、この年、小松一彦を芸術顧問に迎えて98年にはウィーン楽友協会大ホール、2002年ベルリン・フィルハーモニー・ホールで、などなど、、、。 2004年にはトヨタのメセナで、レオンカヴァッロの「ラ・ボエーム」を日本初演。この公演は、私も告知に協力したご縁がある。
 この7月中旬にはコバケン指揮で第3回ヨーロッパ演奏旅行、ブダペスで「ベートーヴェン/第九」、ウィーンで「マーラー/復活」を敢行、という次第。
 帰国後初の定期演奏会が第46回、ソリストに、ソプラノ大倉由紀枝、アルト菅由美子を迎え、満を持してのマーラー、交響曲第2番「復活」、、、やっと今回の演奏会に辿りついた。
http://www.peo.jp/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

 

2007年7月19日 (木)

「聴衆賞」が新設された音楽コンクール

第5回東京音楽コンクール ファイナル
8/27(月)弦楽部門070827
8/28(火)木管部門
8/29(水)声楽部門
8/30(木)ピアノ部門

いずれもpm6:00開演
東京文化会館
大ホール

 第5回の今年から東京文化会館のコンクールに、「聴衆賞」が設けられ、部門ごとに聴衆も投票して賞を贈ることになった。会館の音楽監督で、この企画の統括責任者でもある大友直人の発案という。
 また、入賞者の発表と表彰式も当日おこなわれることになり、昨年までとは“ふた味”も違うエンタテイメントに変身した。
 このコンクールの特徴は、選考委員のほとんどが現役プレイヤー。また、選考は各部門ごとにおこなわれる。例えば、ヴァイオリンやヴィオラ、チェロといった楽器ごとではなく、“弦楽器”部門で競うことになるのだ。
 今回の応募者数は270人。部門別では、弦楽38人、木管128人、声楽52人、ピアノ52人。
 既に7/17小ホールでの二次予選で、弦楽部門は、ヴァイオリンとヴィオラ各2人、チェロ1人の5人に絞られ、激戦の木管部門は、翌18日にフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット各1人の計4人に絞られている。
 その後に行われるピアノ部門(7/25)、声楽部門(7/26)の二次予選の結果などは、下記のURLに随時速報されるので、是非ご覧ください。
 優勝者には、2008年2月11日(月・祝)東京文化会館が主催する「優勝者コンサート」が用意され、3位までの入賞者には小ホールでのリサイタル開催がサポートされるなど、プロの演奏家としてスタートを切ることが出来る。先日、紹介した小ホールの催し「こどもアンサンブル・コンサート」(7/29)に出演するヴァイオリンの二人も、このコンクールの入賞者だ。 
http://www.t-bunka.jp/onkon/onkon.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

2007年7月14日 (土)

たった一人の舞台 SOLO in Hakuju

  Hakuju Hall は、300席のシューボックス型のホールだが、2つの特徴がある。そのひとつは、リラックスして聞くことができるリクライニングシートを設置してあることだ。開館以来の“リクライニング・コンサート・シリーズ”は好評で、今秋41回目を迎えるほど。
  これに対して、今回スタートする“SOLO in Hakuju”は、20070914117solo_in_hakuju全曲無伴奏のプログラムで貫くシリアスな企画。狙いは“奏者と聴衆との究極のコミュニケーション”。これが可能なのは、このホールの第2の特徴、絶妙な響きだ。弦楽器は高温多湿の梅雨時の演奏会は苦手だ。響きが鈍くなるからなのだが、梅雨の最中の7/12に催された、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のコンサートマスター、リヴィウ・プルナール氏のリサイタルは、切れの良いそれでいて豊かな響きを放っていた。この欄でも紹介したので聞かれた方もおられようが、ヘンデル原曲のヴィオラとの二重奏は、ヴィオラの金丸葉子ともども暗譜だったこともあってか、聴衆を圧倒する絶妙のアンサンブルだった。このホールならではの公演だったといえよう。
 そのホールでの無伴奏シリーズは、今秋、次の2公演が発表されている。
 
第1回渡辺玲子 - 白熱のソロ
9/14(金)pm7:00
 トップバッターの渡辺玲子は、ニューヨークを拠点に活躍する国際的ヴァイオリニスト。その特徴は、最初の一音で聴衆の心をつかむことができる希有な存在といえよう。演目は、ヴァイオリン奏者にとって究極のレパートリーだ。不滅の傑作として知られるバッハの名作から、ヒンデミット、イザイ、それに現代作曲家のホープ佐藤眞の作品まで、計4曲。最初の一音から心して拝聴したいと思う。
第2回長谷川陽子 - 天衣無縫のバッハ
第一夜11/7(水) 第二夜11/14(水) いずれもpm7:00
 高校入学の15歳で、いきなり日本音楽コンクール第2位と注目され、いまや日本を代表するといえる長谷川陽子が二日がかりで挑むのは、古今のチェロのために作られた曲のなかで最高峰とされるバッハの無伴奏チェロ組曲、全6曲。聖典ともいえる無伴奏チェロ曲の傑作で、神格化した感のある逸品だが、彼女が奏でると、たちまちふくよかな音色がホールを包み込み、やさしく心に響く。期待が膨らむこと必至だ。
http://www.hakujuhall.jp/top/concert/index.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。
 

 

 

2007年7月11日 (水)

こどもアンサンブル・コンサート

プロコフィエフ/こどものための交響的物語
『ピーターと狼』
7/29(日)am11:00、pm2:00
東京文化会館
小ホール070729

 昨年夏の「こどものためのモーニングコンサート」が好評だったので、今年は名称を変えて、午前・午後の2回開催となった。より多くの子どもたちに聴いてもらえるようになったわけだ。楽器の説明、曲のポイントなどの解説も交えて、室内楽アンサンブルの編成で、「ピーターと狼」を演奏する。小学生以上を対象に家族で楽しめるよう入場料は500円と格安。
 しかし、安価だからと侮れない。演奏は一級品だ。企画制作の文化会館曰く、“ワンコイン(500円)で楽しめる新進演奏家によるコンサート”。
 チラシに登場している2人のヴァイオリン奏者は、東京音楽コンクール弦楽部門の入賞者で、寺下真理子は2004年の第2回、依田真宣は06年第4回の、いずれも第2位。昨年入賞の依田は東京芸大4年生だが、この6月、既に東京交響楽団と共演し、注目を集めている。
 芸大卒の先輩の寺下は、昨年の子供コンサートにも出演しており、今年は2回目。この8月には東京フィルとの共演予定があり、9/29の文化会館「モーニングコンサート」に出演が決まっている。
 他の出演者の顔ぶれは下記の主催者のURLで御覧ください。
 最近、私は4歳以上okの催しに孫を連れていくのだが、幼い子はホンモノにはストレートに反応します。聴衆が子どもの時には、特に気を抜いた演奏は許されません。
http://www.t-bunka.jp/shusaikouen/etc/sonota07_0729.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

2007年7月 9日 (月)

りとるぷれいミュージック 25周年100回記念

志島音楽賞受賞記念コンサート
 夢 物 語
8/12(日)pm12:30
いずみホール西国分寺駅前070812

 自宅をコンサート会場にして“ハウスコンサート”を25年も続けた小俣敏生さんの記事が5/11の日経に載ったのでご記憶の方もおられよう。その100回記念コンサートが、初めて公共のホールで開かれる。いつもの会場は、増改築を重ねたが80人が限度で、これまで支援してきた常連さんで埋まってしまう。
 これまでの出演者は著名な方から若い演奏家まで、さまざま。最近では親子二代の出演もあったという。
 今回は、<若い芽のコンサート>と<支えた音楽家たち>の二部構成。演目はチラシにもあるが、その第1部は、小学6年松本紘佳のパガニーニ/ヴァイオリン協奏曲第1番の第1楽章(Vn・Pf)、中学2年松葉朋樹のスカルラッティとリストのピアノ曲。
 第2部は盛りだくさんだ。
 まず、クラリネット白川毅夫の自作自演ほか、メゾ本多厚美とピアノ渕上千里による歌劇「サムソンとデリラ」や「カルメン」のアリア、ピアノ藤井麻里の当摩泰久と三善晃。ピアノ福島有理江でリストのソナタ。
 後半は、ハープ柏原靖子のヒンデミットやドビッシー、ソプラノ渡部則子とピアノ篠崎愛恵による「蝶々夫人」のアリア。トリは、作曲家近藤春恵の委嘱作品ヴァイオリンとピアノのための「I Canti Occulti 」の初演。ヴァイオリンの安田紀生子は、ウィーンフィルのメンバー2人と結成したピアノ五重奏団「アンサンブル・ウィーン=東京」で今年正月に出演、この“Music a la Carte”でも紹介している。
問い合わせ・申込み:りとるぷれいミュージック Tel 042-325-0969
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »