無料ブログはココログ

« 江戸歌舞伎風「世話物オペラ」 | トップページ | 没後50年「シベリウスが遺したもの」 »

2007年8月 6日 (月)

第43回日伊声楽コンコルソ入賞者披露

イタリア・オペラ 名曲アリア・コンサート
8/25(土)pm6:00Photo
東京芸術劇場
大ホール

 ソプラノ幸田浩子とバリトン黒田博のオペラ・アリアが読売日響をバックに聞ける、リーズナブルな催し。なのだが、チラシの演目欄に、「今年の入賞者によるアリア」とある。
 今年の暑気払いは、コンクールのイベントをハシゴ、と決め込んでいたので、マークしていたところ、入賞者が決まったとの連絡が入った。第1位は昭和音大卒の廣田美穂、第2位は国立音大卒の平川千志保、3位は二期会会員の第江口順子で、いずれもソプラノ。皆これまで馴染みがない、紛れもない新人だ。
 このコンクールは、その名の通り、イタリア・オペラのアリアとイタリア歌曲のみを課題曲に絞っているのが最大の特徴だが、第1回にこの回のみの特賞を受賞したソプラノの松本美和子をはじめ、林康子、出口正子、砂川涼子、木下美穂子、野田浩子、佐藤美枝子、テノールの市原多朗、中島康晴ら、日本を代表する歌手たちを輩出してきた。主催・日伊協会のHPを眺めていると、43回という重みがひしひしと伝わってくる。前年に入賞とか2位に泣いた応募者が翌年、再挑戦して見事に優勝という例も見受けられる。HP、必見の価値あり。で、コンサートも必聴の価値あり、と思う。
http://nichii.info/index.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 江戸歌舞伎風「世話物オペラ」 | トップページ | 没後50年「シベリウスが遺したもの」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸歌舞伎風「世話物オペラ」 | トップページ | 没後50年「シベリウスが遺したもの」 »