無料ブログはココログ

« 没後50年「シベリウスが遺したもの」 | トップページ | 木琴とマリンバ »

2007年8月31日 (金)

オーケストラ・アンサンブル金沢、東京公演

ウィークデイ・ティータイム・コンサート5
懐かしき甘き調べ

9/26(水)pm2:00
東京オペラシティコンサートホール070926_2

 マエストロ岩城宏之が健在のころ、モーツァルトの交響曲を全41曲演奏するシリーズが浜離宮朝日ホールで催された。その後半の公演をホールのスタッフとして迎えたご縁がある。もう10数年前のことだ。
 そのアンサンブル金沢が、平日の午後のひとときを彩る。音楽会に行きたくても、夜間の外出は難しいという方々のために東京オペラシティが始めた「ウィークデイ・ティータイム・コンサート」の第5回公演だ。
 今回は、新音楽監督に就任した井上道義の東京初お目見えで、昨年のアジアツアーのソリスト、ピアニストの菊池洋子とともに、懐かしい曲目が並ぶ。
 演目はパッヘルベル:カノン、ラフマニノフ:ヴォカリーズ、マスネ:タイスの瞑想曲、サン=サーンス:白鳥、Rシュトラウス:歌劇「カプリッチョ」序奏、それに、モーツァルトのピアノ協奏曲20番 ニ短調 K.466とシューベルトの未完成交響曲(交響曲第7番 ロ短調 D.759)だ。
 当日、ホワイエでは開場時に、ロビーコンサートもおこなわれる。サービス満点の親しみやすい催しだ。
http://www.operacity.jp/concert/2007/070926_about.php
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 没後50年「シベリウスが遺したもの」 | トップページ | 木琴とマリンバ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 没後50年「シベリウスが遺したもの」 | トップページ | 木琴とマリンバ »