無料ブログはココログ

« 音楽監督シュナイト指揮の神フィル定期 | トップページ | 岸本 力 バス・リサイタル »

2007年9月28日 (金)

三石+ユニフィル 渾身の「復活」

東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団
創立10周年記念・第22回定期公演
マーラー/交響曲第2番
10/21(日)pm3:00071021
東京芸術劇場

 東京オペラ・プロデュースの公演で、オケピットでいつも公演を支えている通称“ユニフィル”。73年結成の日本新交響楽団が97年に三石精一を音楽監督に迎えて改称し、「名曲を質の高い演奏で供し、クラシック音楽愛好家の拡大」をモットーとし、学校音楽鑑賞会で青少年の情操教育にも貢献。今年10年を迎えた。
 三石は、東京芸大指揮科卒後、ウィーンとミュンヘンで研鑽を積んだ。79年から7年間、読売日響の専任指揮者を務め、81年のヨーロッパ公演を成功に導いた。「東京芸大の手堅い方式を身に付けていて、レパートリーの基本はドイツ系だが、フランスものとか邦人作品、劇音楽などにも的確に対応できる指揮者だった」(読響・月刊オーケストラ9月号)
 今春に続き、今回も10周年の記念公演で、演目は、マーラー「復活」。私にとっては、先月、コバケンの指揮で聴いたばかりの大曲だ。共演者のソプラノ佐藤しのぶは、イタリアオペラの第一人者だが、87年から4年間連続でNHKの「紅白」に出演してクラシック音楽を身近にした功績もある。98年11月、「蝶々夫人」でウィーン国立歌劇場に主役デビューして話題をさらった。私は、ソフィア歌劇場「トゥーランドット」の来日公演で聴いたリュウ、数年間に渡る読響の「第九」は、忘れがたい。
 アルトの伊原直子は、69年「ラインの黄金」のエルダ役でオペラ・デビュー。71年ミュンヘンへ留学し、ヘフリガーに師事というから、往年のファンにしか、その凄さはわかりにくいかもしれないが、91年の「神々の黄昏」に出演し、二期会の「リング」四部作全てに出演した唯一の邦人歌手となった。コンサートでは「復活」「マタイ受難曲」などが多いが、特に「復活」は、89年にボストン交響楽団と米国のほか、香港、日本でソリストとして出演して注目された。
http://www.uniphil.gr.jp/index.html
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

« 音楽監督シュナイト指揮の神フィル定期 | トップページ | 岸本 力 バス・リサイタル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽監督シュナイト指揮の神フィル定期 | トップページ | 岸本 力 バス・リサイタル »