無料ブログはココログ

« ヴェルディ『ナブッコ』 | トップページ | 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会 »

2008年2月19日 (火)

受難節コンサート in カトリック吉祥寺教会

ヨーゼフ・ハイドン
「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」

3/19(水)pm7:00
カトリック吉祥寺教会080319 聖堂

 ヨーゼフ・ハイドンが54歳の頃スペインの港町ガディスにある大聖堂の司祭から頼まれて書いた礼拝曲。初めに管弦楽曲として発表されたが、翌1787年に弦楽四重奏曲に編曲された。後年、ピアノ版やオラトリオ版も出版されているが、今回は弦楽四重奏で演奏される。
 ガディスの教会の地下の祈祷室に敬虔な信者が集まって行われていた「心霊修行」で演奏されることを想定して作曲されている。十字架に磔にされたキリストの最後の7つの言葉を唱える修行なのだが、司祭が唱えて跪くと、それにあわせて演奏されるのだ。
 序奏と7つのソナタ、それに、キリストが息絶えた時に起こったとされる地震のシーンを描写した音楽で閉じられる。優に一時間を超す大作だが、「宗教音楽を初めて聞くものにも深い感銘を与えずにおかない」というハイドンの自信作なのだ。
 一昨年、クライネスコンチェルトハウスのCDと、奥多摩の御堂での演奏を聞いているが、ハイドンの傑作のひとつであることに間違いない。
 今回は、巨匠イェルク・デムスとのリサイタルなどを昨年告知した若いヴァイオリニスト原田陽君からの、入場無料のお誘いだ。「作曲の目的どおり、司祭によるキリストの言葉の朗読とともに演奏します」という。
http://www.little-ch.com/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

.

« ヴェルディ『ナブッコ』 | トップページ | 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会 »

コメント

早速どうも。
お誘い合わせのうえ、両手に花でドウゾ!
献金(カンパ)は、感動したら遠慮なく、これもドウゾ宜しく!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴェルディ『ナブッコ』 | トップページ | 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 特別演奏会 »