無料ブログはココログ

« ENSENBLE OF TOKYO 2008 | トップページ | 受難節コンサート in カトリック吉祥寺教会 »

2008年2月18日 (月)

ヴェルディ『ナブッコ』

オペラ彩 第24回定期公演
3/15(土)、3/16(日)
いずれもpm2:00開演
和光市民文化セン
ター08031516

 オペラ彩は、1984年に朝霞オペラ振興会として発足し、自主制作によるオペラを23年間連続上演している市民オペラの団体だ。2003年「オペラ彩」に名称変更し、今年度、理事長に和田 タカ子を擁しNPO法人になった。
 創生期には日本のオペラで注目され、モーツァルト・シリーズ、プッチーニ・シリーズを経て、今回から向こう3年間、ヴェルディ・シリーズを開始する。その第一作が、彼の出世作「ナブッコ」だ。
 旧約聖書の話なので馴染みにくいが、エンターテイメント間違いなしのスペクタル・オペラ。囚われのヘブライ人が祖国への憧れを歌う有名な合唱「行けわが想いよ、黄金の翼に乗って」は、初演当時、オーストリアの支配下にあったイタリアで熱狂的に支持された。単独で演奏されることも多い感動的な名曲だ。このために、今回の合唱にはいつもの「オペラ彩合唱団」に男声合唱団の早大グリークラブと慶大ワグネル・ソサエティーの有志が加わり、100人の大合唱団が舞台に乗る。ソリストには、チラシにあるそうそうたる面々が登場し、指揮者にフランスを拠点に活躍する佐藤正浩、演出にはベテランの直井研二があたる。
http://opera-sai.jp/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

.

« ENSENBLE OF TOKYO 2008 | トップページ | 受難節コンサート in カトリック吉祥寺教会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ENSENBLE OF TOKYO 2008 | トップページ | 受難節コンサート in カトリック吉祥寺教会 »