無料ブログはココログ

« 第19回 京都フランス音楽アカデミー | トップページ | ヴェルディ『ナブッコ』、通し稽古、佳境に »

2008年2月29日 (金)

深沢亮子ピアノリサイタル

恵藤久美子(ヴァイオリン) 安田謙一郎(チェロ)
5/22
(木)
pm7:00
紀尾井ホール
080622

 深沢亮子さんのピアノをそうは聴いてきているわけではない。しかし、忘れがたい催しがある。もう10年以上も前のことになるが、ヴァイオリンの天満敦子さんとのリサイタルだ。一時期、天満さんの公演を続けて聴く機会があったのだが、ピアノの共演者がその都度違い、ピアニストによって趣の違う催しになっていた。そのなかでもっとも印象深かったのが深沢さんとのデュオだった。丁々発止というのともちがい、決して突出することがないのだが、ヴァイオリンを引き立て、しかもあの天満節に負けていない。楽壇生活50年余というキャリアは重い。
 今回の公演は、ソロに加えて、永年の盟友お二人を迎えてのピアノトリオが聴ける。深沢さん曰く。
 日本音楽舞踊会議(1962年創立)の主催で20年以上前からコンサートを開催しています。最初はピアノソロ、その後バリトンの吉江忠男さんと、そして6年前から、会員の恵藤久美子さん、安田謙一郎さんと共演することになり、3人で演奏会を続けてきました。
 せっかく度々共演しているのだし、3人でCDを作ろうということになり、昨年9月にそのお二人と「深沢亮子と室内楽の仲間たち」というCDをリリースしました。
 今回のリサイタルでは、そのCDに入っているハイドンのピアノトリオ第39番、それにドヴォルザークの「ドゥムキー」とピアノソロもという要望に答えて、自身お好きなモーツァルトのソナタK.330とシューベルトの「楽興の時」から3曲というプログラムだ。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~onbukai/kai-info/con18.htm
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

.

« 第19回 京都フランス音楽アカデミー | トップページ | ヴェルディ『ナブッコ』、通し稽古、佳境に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第19回 京都フランス音楽アカデミー | トップページ | ヴェルディ『ナブッコ』、通し稽古、佳境に »