無料ブログはココログ

« コンサートオペラ「トスカ」 ラ・スコーラ×都響 | トップページ | 日本ノルウェー文化交流公演 »

2008年6月30日 (月)

シュナイト/竹澤恭子のベートーヴェンVn協

神奈川フィルハーモニー管弦楽団
第247回定期演奏会

10/17(金)pm7:00
横浜みなとみらいホール
081017

 まだかなり先の催しで、発売が7月25日と、これからだが、この公演はノンビリしていると買い損ねるかもしれません。
 過日この欄でオススメした都響のプロムナードコンサートを昨日(6/29)、聴いてきました。初めて聴く竹澤恭子のブルッフ「スコットランド幻想曲」、期待に違わず絶品でした。 いつものことだが、彼女は、楽団の各奏者と掛け合いをしているのが見て取れる。いわば、キャッチボールをするのです。昨日は終演後、何とフルートの首席を自ら立たせて聴衆に拍手を求めた。これって、普通は指揮者がやることなのに、である。
 彼女を今年聞くのは3月の大阪フシンフォニカの東京公演に次いで二つ目。それが、幸せなことに今年は秋にベートーヴェンが聴けるのだ。彼女のベートーヴェンはもう10年近く前に聴いているが、これまでナマで聴いた最高の演奏だった。
 本日の本題、神奈川フィルは、ハンス=マルティン・シュナイトを音楽監督に迎えて、めきめき腕をあげ、彼との公演の歩留まりは、ほぼ100%と云ってよい。この日の演目は、彼女のベートーヴェンとブラームスの交響曲第4番だ。1番ほど聴く機会が少ない4番。巨匠シュナイトが満を持しての選曲なのだ。
 で、念のためですが、この日は、開演と同時に竹澤恭子が登場します。万が一にも遅刻することのないよう、ご注意ください。
http://www.kanaphil.com/
http://www.kyokotakezawa.com/profile_jpn.htm
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

.

« コンサートオペラ「トスカ」 ラ・スコーラ×都響 | トップページ | 日本ノルウェー文化交流公演 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コンサートオペラ「トスカ」 ラ・スコーラ×都響 | トップページ | 日本ノルウェー文化交流公演 »