無料ブログはココログ

« 栗國淳演出の歌劇三部作「外套」の稽古 | トップページ | プッチーニの三部作、立ち稽古 たけなわ・2 »

2008年7月26日 (土)

ドニゼッティ作曲・オペラ『愛の妙薬』全2幕

L'Elisir d'Amore
ミラマーレ・ムジカ2008公演

9/4(木)pm6:30
9/5(金)pm2:00080945
文京シビック

 『愛の妙薬』の気になるチラシが目についた。三つ折りにするパンフレットを折らずにA4判のチラシとして配布しているのだ。気になるのはフラスコ状の切り抜き穴だ。どうやら薬瓶のつもりらしい。
 我が家が最初に海外の劇場で見たオペラがチューリッヒ歌劇場でのこのオペラだった。端正な街の中央に佇む劇場内で、ひなびた田舎町で繰りひろげられる素朴な恋の物語。ドイツ語圏なのだが、イタリア語を解する観衆が三分の一ほど居て、まず笑いが起き、一拍おいてドイツ語の字幕を見てさらに大きな笑いが起こる。当方はどっちも分からないのだが、この笑いのタイムラグが面白く、大いに楽しめた。
080945_2  渡欧が比較的容易になった近年、イタリアをはじめ欧州各地へ留学、研鑽を積んできた日本のオペラ歌手の実力は、高度なレベルに達している。しかし、日本国内ではその実力を披露するチャンスは極めて少ない。さきに紹介した労音の8月公演のプッチーニ「三部作」も、多才なソリストが数多く出演できるよう考えられた企画だという。
 今回のミラマーレ・ムジカの主宰・松山郁雄は、昨年の『魔笛』公演でオールキャストを公募したところ150人が応募、「手応えを感じた」。今年も公募によって出演者を募ったところ、5人のソリスト役に10倍超の応募があった。主役の男女にも新鋭が選ばれている。5日のアディーナ竹村明子、4日のネモリーノ藤原海考とベルコーレ党主税だ。
 一方、ベテランは、4日のアディーナ高橋薫子、5日のネモリーノ角田和弘とベルコーレ折江忠道、ドゥルカマーラ志村文彦。元もとバリトン歌手の芸術監督松山が4日のドゥルカマーラで舞台を支える。
 指揮はオペラ界で頭角を現している新鋭、松下京介が、オペラ公演に長けた東京ユニバーサル・フィルを振る。
 チケットは“先天性オペラ熱狂症候群”の処方箋になっていて、これを持って会場へ出向くという趣向だ。この記事を見て、15,000円以上申し込むと、“Tシャツ・プレゼント”とのこと。Tシャツのデザインは追ってまた。
http://www.miramare.jp/index.php
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

.

« 栗國淳演出の歌劇三部作「外套」の稽古 | トップページ | プッチーニの三部作、立ち稽古 たけなわ・2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栗國淳演出の歌劇三部作「外套」の稽古 | トップページ | プッチーニの三部作、立ち稽古 たけなわ・2 »