無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2008年11月 6日 (木)

ソプラノ中村初恵1stリサイタル
          歌-祈り

リムスキー・コルサコフ
没後100年にちなんで081219sop
12/19
(金)pm7:00
横浜みなとみらい小ホール

 さる9月、小さな催しにゲストで出演して、私にリムスキー=コルサコフが歌曲を作曲していることを教えてくれた中村さん。プロフィールに、こうある。
 東京音大卒業後、マリインスキー劇場専属研修生のオーディションに合格し、2年間ラリッサ・ゲルギエワ(指揮者ゲルギエフの妹)のもとで研鑽を積み、2005年「国際リムスキー=コルサコフ声楽コンクール」でリムスキー=コルサコフ特別賞を、「国際エレーナ・オブラスツォワ オペラコンクール」で最優秀歌唱賞を受賞、サンクトペテルブルク芸術財団から「我が街の音楽家」を授与される。
 その後のロシアやフィンランドの公演、帰国後の活躍はHPをご覧いただくとして、今回、没後100年を機に、満を持してリムスキー・コルサコフを歌う。初恵曰く。
 ロシア歌曲の奥深く優美な音楽、情熱的でどこか東洋的な香りのするノスタルジックな響き、自然溢れる美しい詩・・・。このリサイタルを通じて、音楽の、そしてロシア歌曲の新たな魅力を感じていただければ幸いです。S.ラフマニノフの歌曲や日本初演の??の歌曲、ちょっと欲張って、オペラ・アリアも…。未来ある子どもたちの元気な笑顔を願って、チケット収入の一部を「ユニセフ」へ託します。
 決まっている演目を列挙すると、以下のようになる。
    ~Ⅰ部~
*リムスキー=コルサコフの世界
・風ではない、高みから舞う風のように  A.K.トルストイ・詩
・夜の闇の中で、君は何を想う A.マイコフ・詩
・夜鶯は、バラに魅せられて  A.カリツォヴァ・詩
・ニンファ~妖精~  A.マイコフ・詩
・ひばりの歌声は高らかに  A.トルストイ・詩

*ラフマニノフの世界
・私は哀しみの中にいることを、愛した  A.プレシェーヴァ・詩
・歌うな美しい人よ。私の前で! A.プーシキン・詩
・夢 P.ソログープ・詩
・ここは素晴らしい G.ガリーナ・詩

    ~Ⅱ部~
*日本歌曲
・お菓子と娘 作曲:橋本國彦  西条八十・詩
・悲しくなったときは 作曲:中田喜直  寺山修司・詩 など

*オペラ
・ラフマニノフ「フランチェスカ・ダ・リミニ」より
  フランチェスカのアリア など

(イタリア/オペラのアリアも演奏予定です。)
http://www.hatsue-music.jp/
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、全画面見られます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »