無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2008年12月14日 (日)

都民交響楽団
創立60周年記念特別演奏会
ベートーヴェン 交響曲第9番 ニ短調
1/17
(土)pm6:30090117
東京芸術劇場

 この10年、年に200回ほど音楽会に足を向けているのに、創立60周年という、この都民交響楽団のチラシはこれまで目にしてこなかった。
 1961年、上野に東京文化会館がオープンしてから、東京都の音楽文化振興事業の1つとして、また東京文化会館事業課が運営するオーケストラとして活動してきたというアマチュアオーケストラ。 4管編成のフルオーケストラで、ピアノを含む団員数は現在約100名とのこと。
 99年の東京文化会館のリニューアルにさいして事業の見直しがあり、都からの予算援助はなくなったものの、文化会館の支援を受けて再出発したという。今回は記念の特別演奏会ということで、S席2,000円、A席1,000円と有料だが、年2回の定期演奏会は、なんとすべて入場無料。これまでの最大動員数は2007年の2077人、超満員ということだ。年2回の定期演奏会の他に、伊豆諸島での公演も続けているが、今年は10月に新島へ出向き、都立高校の体育館に昼夜合わせて島民の約1割にあたる272人を動員した。
 年に1回、原則として全パートの団員を募集しているが、入団は、選抜試験(オーディション)により決定される。また演奏のクオリティを保つため、4 年に1回、全団員に再試験を課すことで技術の向上を目指しているという。プロの楽団も見習って欲しいものだ。最近、指導を仰いでいる指揮者は、末廣誠、井崎 正浩、石毛保彦、:山田和樹、 橘直貴、田代詞生、岩村 力、いずれも若手の実力派ぞろいだ。
 今回の指揮は末廣誠、ソプラノ大西ゆか、アルト小川明子、テノール小原啓楼、バリトン与那城敬。60周年のために正門 憲也(まさかどけんや)に委嘱した「管弦楽のための舟歌」も演奏される。
http://www11.big.or.jp/~tmk/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82111/26176082

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »