無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2008年12月29日 (月)

上杉春雄 バッハ《平均律》連続演奏会Vol.2
1/31(土)pm7:00
Hakuju Hall

バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻より 第9番~第16番
シューベルト:即興曲 作品142-3「ロザムンデ」 090131
シューベルト:さすらい人幻想曲 作品15

 今秋は、バッハのソロ曲に触れる機会があった。鈴木理賀と小林道夫のチェンバロで「ゴルトベルク変奏曲」、和波孝禧の無伴奏ヴァイオリン・ソナタなどだ。鈴木理賀と和波孝禧は、その出色の演奏をCDでも味わうことができるが、そうこうするうちに、ピアノで聞きたくなった。で、見つけたのが、この“平均律連続演奏会”だ。昨秋スタートしていて、この第2回は第9番から16番、それにシューベルト。
 上杉春雄のプロフィールは彼のHPに詳しいが、少年時代にPTNAのコンテストで金賞やグランプリ、マリア・カナルス国際コンクール上位入賞、15歳の1982年アメリカ各地で演奏会など、ピアニストの道を歩み出すが、一念発起、医学への道を選ぶ。
 北大医学部、東大大学院からスウェーデンに留学し、現在は札幌麻生脳神経外科病院神経内科医長の職に就きながら、二足の草鞋を履いたり脱いだり。人の心と身体を癒す仕事に就いている。
 今回の演奏会は、チラシに載せられたコメントによると、
「家族と仕事に恵まれ、充実したバッハのケーテン時代の生活から生み出された、意欲的な第1巻の中盤を聴いていただきます。平均律という調和のとれた音韻の中で広がる多彩な音楽。まさに宇宙の広がり、自然の神秘を感じさせてくれることと思います」
と、なかなか意欲的である。前回はベートーヴェン、今回はシューベルトが添えられているが、それについて上杉氏曰く…
 ベートーヴェンとシューベルトのソナタ、ことにそれぞれ最後の3曲のソナタには特別な思い入れがあります。平均律とともに、ずっと傍らにいて欲しい音楽です。 平均律全曲演奏会を6年がかりで行うのと同時に、それらのソナタを取り上げていきたいと思っています。ただ、前回演奏したベートーヴェンの30番と31番のソナタは、とてもヘヴィーだったので、今回はシューベルトの青春時代の名作、さすらい人幻想曲を挟んでみました。
http://www.uesugi-h.jp/
http://www.soundgallery.jp/concerts/090131_uesugi.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »