無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年1月 5日 (月)

沼尻竜典&
トウキョウ・モーツァルトプレーヤーズ

TMP 第49回 風のホール定期演奏会
1/25(日)pm3:00
三鷹市芸術文化センター 風のホール090125tmp

 暮れの第48回公演に続く、とっておきの企画だ。今回は“沼尻竜典が弾く! 振る! 魅せる!”で、彼のピアノ協奏曲全曲シリーズ第6弾、モーツァルトの25番のコンチェルトを弾き振りする。TMPは、1995年三鷹市芸術文化センター開館時に市内出身の俊英指揮者、沼尻竜典の呼びかけによって結成された室内オーケストラで、 メンバーは国内外で活躍する演奏家で編成され、精緻なアンサンブルを特徴とする。 風のホールを拠点に、最近ではラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(東京)や滋賀県びわ湖ホールなどにも出演し活動の場を広げる。
 今回は彼の弾き振りに加えて、沼尻氏が音楽監督を務めているびわ湖ホール声楽アンサンブル専属メンバー出身のソプラノ谷村由美子が共演し、モーツァルトのモテット「踊れ、喜べ、幸いな魂よ」を歌う。京都出身で、2001年からパリに留学。現在は日本とヨーロッパを往復しながら活動。一昨年から母校の京都市立芸術大学で後進の専任講師も勤めている。パリ留学中に宗教音楽の巨匠ミシェル・コルボに認められて欧州デビュー。2004年エリザベト王妃国際コンクールでセミファイナリストに選出され、その声と音楽性を絶賛された。巨匠好みの「まさに“美声”。清楚で凛とした、声そのものが持つ純粋な美しさ」、ミッシェル・コルボの秘蔵っ子的存在として彼と共演を重ねている。
http://mitaka.jpn.org/ticket/0901250/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。






.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »