無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年2月 9日 (月)

チレア作曲 歌劇 アドリアーナ・ルクヴルール
全4幕・上演時間:約2時間・イタリア語(字幕付)
LIPpresentsOPERA09032122
3/21(土)pm6:00
3/22
(日)pm3:00
新宿文化センター

大ホール

 1902年ミラノで初演されたフランチェスコ・チレア作曲のオペラ。タイトル・ロールのアドリアーナ・ルクヴルールもそのお相手のマウリツィオも、ともに実在の人物で、二人の熱烈な恋愛が、そのまま脚色されてオペラになった作品。「音楽はとてもロマンティックだが、ストーリーは、一人の男性を巡って、女優と貴婦人が熾烈な戦いを繰り広げる情熱的なもの。どちらかというと、聴くより、実際に観劇したいオペラだという。
09032122_2  主催のLIPpresentsOPERAは、2000年、テノール大森誠ソプラノ大森園子ご夫妻が、「オペラをより身近に」と始めた非営利団体。今回は誠氏は総監督、園子さんは初日のタイトルロールで出演する。その他の出演者は、チラシ裏面をご覧いただくとして、主な登場人物の役柄を『ウィキペディア』から引用したのでご覧ください。
アドリアーナ・ルクヴルール(ソプラノ):実在のコメディ・フランセーズ女優、アドリエンヌ・ルクヴルール。
マウリツィオ(テノール):ザクセン伯モーリッツのこと。アドリアーナとは恋仲だが、彼女には身分を隠し、サクソニア(ザクセン)伯爵軍に従軍している士官と名乗っている。
ブイヨン公爵(バス): 芝居愛好家の貴族。アドリアーナのライヴァルである大女優、デュクロを愛人にしている。
ブイヨン公妃(メゾソプラノ): マウリツィオに恋心を抱いている。
ミショネ(バリトン): コメディ・フランセーズの初老の舞台監督。アドリアーナに密かな恋心を抱いている。
http://lip-opera.com/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »