無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年2月22日 (日)

篠原理華メモリアル・コンサート
4/8(水)pm7:00
オペラシティ
リサイタルホール090408

 篠原理華メモリアル・コンサートは、4年前に若くしてガンで亡くなったリコーダー奏者の追悼コンサートで、彼女の生前のライブ録音を収めたCDの発売時期に合わせて行われる。
 彼女のリサイタルで共演してきたチェンバロの岡田龍之介とリコーダーの古沢実が、彼女と一緒に演奏した仲間たちに声を掛けた結果、日本を代表する古楽界の精鋭が結集することとなった。
リコーダー:
花岡和生、吉沢 実、向江昭雅、本村睦幸、古橋潤一、国枝俊太郎
バロックヴァイオリン:小野萬里、三輪真樹
ヴィオラ・ダ・ガンバ:櫻井 茂   チェンバロ:岡田龍之介
水墨画パフォーマンス:CH
ONTO

「チラシに名前が載っているCHONTOさんは、故篠原理華さんのホームページの管理者、リコーダーのお弟子さんでもあったデザイナーで、水墨画による各種デザインや演奏会チラシのデザインなどで活躍中。今回の出演者の一人、吉沢実さんとはこれまでに幾度となく笛と即興の水墨画によるパフォーマンスを行っている」と岡田氏。
 更に、「多彩な演奏活動を展開した篠原さんに因んで、リコーダーのソロ、アンサンブルを中心に、弦による追悼曲、 ライヴ・パフォーマンスも加えたプログラムとし、この音楽会が、皆で生前の篠原さんの演奏や人となりを偲ぶひとつのよすがになれば、と祈念する次第です」。
 篠原さんを知る手がかりとして、彼女が残した一文を以下に。
…演奏者とは天から降りてくる理想の音楽を通すフィルターのようなもの。フィルターの精度が高ければ、よい状態で抽出される。でもフィルターに余計なものが詰まっていると、音楽の純度が低くなり…
 残された彼女の演奏記録を聴くと、わかります。
“たかがリコーダー、されどリコーダー、これぞリコーダー”
下記のファンサイトには、詳細なプロフィールなどが載っています。
http://shinohararika.sakura.ne.jp/top.html
申込み:ジェイディーシー 03-3560-6705
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »