無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年4月30日 (木)

ヴィオラスペース2009 vol.18
第1回東京国際ヴィオラコンクール

5/23(土)~31(日)0905232009
紀尾井ホール

“ヴィオラは人間を奏でる楽器だ!”を合い言葉に、“ヴィオラ音楽の祭典”ビオラスペースは18回目を迎えるのだが、今年は趣を一転させ、アジア初の本格的な国際ヴィオラコンクールを立ち上げた。
 「実は、ヴィオラ部門があっても4年に1度だったり不定期だったりで、本格的なヴィオラのコンクールは欧米にもないのです。なので踏ん張りました。審査員も、アメリカ、イギリス、オーストリア、フランスが各1人、日本人が3人と、本当にインターナショナルです」と審査委員長の今井信子さん。
 そこで、ガラ・コンサートなどの催しにはコンクールの審査員らも加わり、総勢17人のヴィオリストが出演する。
 その、気になるコンクールだが、出場者の応募を始めた昨年3月から昨暮の締切までに全世界から98人の応募があり、予備審査を経て選出された40名が紀尾井ホールで5/23から始まる第1次審査のために来日する。その内訳は、日本8、韓国7、中国6、フランスとアメリカ4、イスラエルとフィンランド、ドイツ、ロシアが各2、ベルギーとカナダ/台湾、台湾が各1人。名実ともに“国際コンクール”といえよう。
 5/25のワークショップ(審査員による公開練習)とガラ・コンサートを挟んで第2次審査、さらに5/29からの最終審査とガラ・コンサートを経て、5/31の入賞記念コンサートでフィナーレを迎える。
 ゲストには、1995年のヒンデミット・フェスティバル以来となるキム・カシュカシアンが再来日し、パリからジャン・シュレム、ザルツブルクからトーマス・リーブルがそれぞれ初登場。日本を代表する若手からベテランまで気鋭のヴィオラ奏者とともに華やかな饗宴が繰り広げられる。1次と2次審査、それにワークショップ(要・整理券)の見学は無料。申込み方法やコンサートの詳細は主催者のHPでご覧ください。
http://www.tivc.jp/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »