無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年6月21日 (日)

『イル・トロヴァトーレ』 稽古たけなわ
オペラリリカ八王子 第8回公演
7/5(日)pm3:00
八王子市民会館P1030585

指揮:大浦 智弘
演出:八木 清市
レオノーラ  松岡 薫
マンリーコ  
浅原 孝夫
ルーナ伯爵 
森口 賢二
アズチェーナ
巖淵 真理
フェランド  
竹永 久男
イネス    
阿井  泉
ルイス    
澤崎 一了
老ジプシー 
里美 義康
使者     
森田 克己

 色彩豊かな美しい旋律と華やかな歌で綴られた、イタリアオペラの楽しさを満喫できる名作。第2幕、アズチェーナ(巖渕真理)のアリア「重い鎖につながれて」に続くマンリーコ(浅原孝夫)とのレチタティーヴォの場面。
 レオノーラ(松岡薫)らに演技指導する演出の八木清市は、オペラ リリカ 八王子の公演で、「蝶々夫人」、「マクベス」、「カルメン」に次いで、4作目だ。
P1030695_4  「このオペラは、つぎつぎと人が死んでいき、あまりに悲惨すぎる、と人は言う。だが死は、人生につきものなのではあるまいか。一体ほかに何があるというのか」 クラリーナ・マッフェイ宛の手紙の中で、ヴェルディはそのように書いている、と八木氏。
P1030721at 「この中の男たち、女たちは、あるいは死ぬことだけを考えているように見受けられます。ただし、それは、決してネガティブなことではないように思えるのです。
 そう思える理由は、音楽です。リブレットのもつ、死を望む救いのなさは、音楽の持つ一種のポジティブな姿勢のなかで、昇華されている、と僕には、見受けられるのです」
 1853年1月19日、ヴェルディ自らの指揮のもと、ローマ・アポロ劇場での初演は、大成功を収めたそうだ。http://iwabuchimari.blog50.fc2.com/blog-category-2.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »