無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年7月30日 (木)

アンドレ・ワッツ来日40周年コンサート

 アンドレ・ワッツが彗星のごとく音楽界に登場したのは16歳の時だった。レナード・バーンスタインがニューヨーク・フィルの青少年コンサートで彼をデビューさせた。このコンサートはCBSテレビで全米に放映されたが、その2週間後、病気で出演できなくなったグレン・グールドの代役に急遽ワッツが抜擢された。リストのピアノ協奏曲第1番をバーンスタイン指揮のニューヨーク・フィルと共演することになった彼は、まるでおとぎ話のように演奏家の道を歩みだした。それから47年、今年は69年の初来日から40周年という記念の年に当たる。私たちは天才少年の成熟ぶりにこの秋、出会うのだ。

ピアノリサイタル東京公演
9/16(水)pm7:00090916
東京オペラシティ

コンサートホール

 リサイタルは、全国6公演。演目はチラシにある如くシューベルトとリスト(名古屋のみ別演目・下記HP参照)。お得意のリストはロ短調のソナタ。この長大な単一楽章のソナタはピアノのための交響詩とも云われるが、スケールの大きな演奏が期待できる。シューベルトは幻想曲ハ長調「さすらい人」。幻想曲というがこれは実質的に4楽章のソナタで、シューベルトにしては珍しく演奏技巧が要求される。それに私が愛してやまない即興曲作品90から1曲。他にリストの小品とリスト編のシューベルトの小品。絶妙のプログラミングといえよう。
http://www.kajimotomusic.com/concert/index.php?main_content_exp=34#ja

スクロヴァチェフスキ指揮 読売日
ベートーヴェン ピアノ協奏曲第4番
9/23(水)pm2:00 東京芸術劇場
9/24:サントリーホール
(完売)090923_3
 スクロヴァチェフスキは1923年10月生まれというから、間もなく86歳。ベテランのワッツの親に近いお歳だが、長年の友人という。「また、ワッツとやりたい」という彼の念願が叶った。もう1曲はブルックーナー交響曲第9番。ブルックナーの交響曲の解釈と演奏で余人をもって代え難い存在のマエストロは未だに譜読みを怠ることなく、絶えず新しい感動を私たちに与えてくれる。彼ほど歳を感じさせない指揮者も珍しい。これも外せない公演だ。この月の他の公演も彼が振る。
http://yomikyo.or.jp/info/concert.php?ym=200909
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。





.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »