無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年8月27日 (木)

西野薫オペラハイライトシリーズ『カルメン』
9/6(日)
pm2:00090906
シアターX
(カイ)

カルメン:加賀ひとみ
ミカエラ:西野薫
ドン・ホセ:大澤一彰
エスカミーリョ:薮内俊弥
フラスキータ:前田奈央子
メルセデス:紺野由香里
レメンダード:志田雄二
ダンカイロ:新井健士
ピアノ:真島圭
ヴァイオリン:廣川抄子
ナレーション:西尾仁美

 両国駅の南にある演劇ホール「シアターX」へ初めて足を運んだ。「大山大輔がパパゲーノとザラストロの二役」という奇妙なチラシ“子供も楽しめる本格オペラ『魔笛』”に惹かれてだ。
 シアターXは1992年、現代演劇と現代舞台芸術を創造・上演をめざす劇場として発足した、客席数が最大300という小劇場だ。クラシックファンには馴染みのない劇場だが、新国立劇場小劇場の庶民版と思っていただかればいいだろう。間近に迫る舞台で演じられるモーツァルト劇。ひょっとして当時の見せ方に近いのでは…と思わせる舞台だった。そこで手にしたのが、このカルメンのチラシだ。
 西野薫さんが主催する“オペラハイライトシリーズ”は、「こうもり」、「ヘンゼルとグレーテル」に続く第3弾だ。
 音楽中心で、聴きどころのアリアなどはほとんど歌い、2時間以内に収めるのだが、簡単なナレーションで繋いでわかりやすく。ピアノにオブリガードでヴァイオリンも入るが、これが意外に乙なもの。「小さな劇場で歌い手の熱演を身近に感じてもらいたく思います。それに、特筆すべきは…」と西野さん。
 このシリーズの特徴は、オペラの途中に劇中劇的なテーマを持ったガラコンサートを挿入してます。今回はスペインにちなんで スペインの作曲家の曲をバイオリン1曲と歌2曲はさみます。歌はグラナドスの夜うぐいすとテナーの有名なグラナダです。
 ドン・ホセのテナーは日伊コンコルソ1位になった大澤一彰。カルメンは若手の加賀ひとみ。西野さんはソプラノ歌手なのでミカエラ役で出演する。
http://www.k-arts.sakura.ne.jp/index.html
問い合わせ:ケイ・アーツ・オフィス(直前割引き 5,000→4,500 
Tel/FAX:047-324-6613 mobile:090-1503-7352
Eメールinfo@k-arts-office.jp
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »