無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年8月11日 (火)

フィオーレ・オペラ協会 チャリティ公演
ヴェルディ作曲オペラ「椿姫」
(字幕付き原語上演)090913
9/13(日)pm3:00
市川市文化会館

小ホール

 「椿姫」の後ろ姿だろうか…目を惹く素敵なチラシだ。 
 「魔笛」夜の女王、「ドン・ジョヴァンニ」のドンナ・アンナ、「ヘンゼルとグレーテル」の魔女、「メリー・ウィドウ」ハンナ、「こうもり」のロザリンデ、「リゴレット」ジルダ、「ナクソス島のアリアドネ」と「修道女アンジェリカ」のタイトルロール…などなど、これまで多彩な役をこなしてきているソプラノ西正子さんが昨年、「トスカ」公演を皮切りにオペラ団体「フィオーレ・オペラ協会」を立ちあげた。「椿姫」はその第2回公演だが、タイトルロールで出演し、自ら演出も手掛ける。
 西さんは、桐朋学園の声楽専攻を卒業し同研究科終了後イタリア・ミラノ音楽院に留学。結婚を機に市川市民となった。
「地元出身の演奏家を中心に、良質なオペラ公演やコンサートなどを実施、市川市や近隣の市民の皆様に音楽を楽しんでいただくことを目的としています」
 今回、共演するアルフレードの笛田博昭とジェルモン須藤慎吾は、どちらも西さんとデュエットのCDをリリースしている仲。笛田は昨年の「トスカ」でカヴァラドッシを演じている。須藤は今春、和光市のオペラ彩「オテロ」公演で凄みの利いたイヤーゴを演じていた。
 「今回、演出まで手掛けることにしたのは、色々な演出家の舞台で様々な椿姫を演じてきましたが、共演者の方々、特にアルフレードとジェルモン役のベテランお二人は演技も達者な方で、自分の役柄を熟知しておられます。共通の舞台イメージをいわばトロイカ方式で…」と、西さん。気心知れた役者の充実した舞台が楽しみだ。
http://www.tekona.net/contents/event-details.php?3447
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »