無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年9月21日 (月)

優しき修道院-聖なる仲間
☆オペレッタ座☆“リーベ・クロスター Liebe Kloster”
10/13(火)~16(金):
マチネpm2:00・ソワレpm7:00
座・高円寺2091013

 ある国のある修道院に、ある日ある母娘が恋の相談に訪れる。すると修道女らの過去が徐々に露わに…人との関わりやふれあい、優しさを考えさせられる涙と笑いのコメディなのである。この面白さをどう伝えようか…迷ったが、チラシ裏面を見てもらうことにした。出演者の顔写真、いつもの済まし顔は1枚も無い。修道女らの役柄名と併せて、とくと御覧あれ。 この裏面には、ダブル・キャストの4日間8公演の日程、申込先も載っています。
(注・チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます)
 二期会オペレッタ研究会のメンバーが中心になって、オリジナルのオペレッタに挑む「☆オペレッタ座☆」の公演。過去の名作オペレッタを原語で歌うと字幕が必要だし、訳詞で歌うと不自然さが残るし…で生まれたのがこの『優しき修道院Liebe Kloster』。黒田晋也の原作・台本、加賀清孝が作曲と、製作は現役のプロのオペラ歌手。「黒田君のイメージをみんなで具体化した」と加賀氏。
091013_4  初演は2003年暮れ、40分間の1幕ものでスタートし、現在の2時間2幕に完成されたのは06年2月の吉祥寺公演(10回公演)。以来、北海道(3カ所)、神奈川、静岡(2カ所)、青森、浜松(3公演)などと、これまでに計28公演を重ねている。ということは、今や知る人ぞ知る隠れた名作なのだ。が、今回大きく改善された。加賀氏が大奮闘し、これまでピアノ1台だった楽団に、ヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネット、ホルンを加え計6人にブラッシュアップしたのだ。
 会場の「座・高円寺」は、今春開館した出来たてホヤホヤの劇場だ。‘座・高円寺2’は300人弱のオペレッタには最適の空間。「出演者は全員オペラ歌手だから歌唱は大ホールでも大丈夫だが、お芝居の台詞のことを考えると、このサイズが最適」と、加賀氏。…水を得たメス魚たちが文字通り、舞台狭しと飛び回ります。会場の案内は下記のHPをご覧ください。
http://za-koenji.jp/guide/index.html#link2
オペレッタ座のURLは、以下のとおりです。http://www.geocities.jp/liebeoperetta/top.html

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »