無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2009年11月15日 (日)

足立さつき ソプラノリサイタル
12/6(日)pm2:00091206
紀尾井ホール


「今回は、日本とフランスのコラボレーションのプログラムを組みました」という足立さつきさん。前回は3年前のデビュー20周年記念だった。クラリネット赤坂達三、ピアノ斎藤雅広と組んだ“スーパートリオ”を立ちあげたのもその頃で、抱腹絶倒の舞台を楽しませてもらったが、このトリオ、全国で引っ張りだことかで最近都内ではきけない。というわけで、久しぶりのリサイタルだ。
 「前半は、山田耕筰の曲など、これまでも歌い続けてきた愛しい日本の歌を数曲、そして今回のリサイタルのために作曲していただいた新作を歌います。委嘱をお願いした中西覚氏は、私と同郷、丹波ご出身の作曲家であり、器楽曲から歌曲、オペラまで数々の作品を生み出されています。実は私の幼少の頃からのピアノとソルフェージュの先生で、私の音楽への道をつくって下さった大恩師です。これまでの想いを込めながら歌わせていただきます」
「後半は、10年ほど前から歌ってきたドビュッシーなどフランス歌曲、そして今回あまり知られていないフランスのオペレッタ、メサジェのアリアを新たに取り上げます。人生の試練や恋の苦悩を、事も無げに明るくコケティッシュに乗り切ってしまうような音の連なりに、自分の身をゆだねることができれば何よりと思っております…」。
 憂さを忘れて、日曜日の午後のひとときを過ごすことができれば御の字だ。申込みは、
http://www.japanarts.co.jp/html/2009/vocal/adachi/index.htm
 足立さんは1986年第3回ニッカ椿姫新人賞第1位を受賞。1987年「椿姫」のヴィオレッタ役でオペラ・デビュー。以後、「こうもり」のアデーレ、「フィガロの結婚」のスザンナ、「リゴレット」のジルダなど様々なオペラに出演し…「実は今年、私は年女!」…??
 ミラノ留学などその後のプロフィールの詳細は、下記のURLでご覧いただけます。http://adachisatsuki.seesaa.net/article/110880126.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »