無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年2月16日 (火)

LIP presents OPERA 10周年記念公演
マスカーニ「友人フリッツ」全3幕
プッチーニ「修道女アンジェリカ」全1幕
3/27(土)pm6:00
3/28
(日)
pm3:00
北とぴあ
さくらホール
100327

LIP(LIRICA International Produce)presentsOPERA(代表・大森誠)が、10周年を迎えた。LIPは2000年ミレニアムを期に創設した非営利団体。第1回の『カヴァレリア・ルスティカーナ&道化師』公演を皮切りに、19世紀後半~20世紀前半のヴェリズモ・オペラにこだわって公演を重ねてきた、希有なオペラ団体だ。
 『カルメン』、『トスカ』、『アンドレア・シェニエ』、『マノン・レスコー』、『オテッロ』、『蝶々夫人』、『ジャンニ・スキッキ&道化師』、『アドリアーナ・ルクヴルール』と、いずれも難易度の高い作品ばかり。邦人のみのキャストによる初演にも挑戦するなど、精力的に活動を続けてきた。
 今回は記念すべき10回目。プッチーニが創った女声のみで表現される神秘的な奇跡の世界『修道女アンジェリカ』と、プッチーニと同世代の作曲家マスカーニの『友人フリッツ』の二本立て。不義の子を産んだために修道院に入れられたアンジェリカの悲劇の物語と、のどかな田園を舞台に繰り広げられる淡くも美しい純情な恋物語という、全く対照的な作品を組み合わせた。しかし、「どちらもテーマは人間にとって最も大切な“愛”です。我々の“皆様への愛”をお伝え出来ればと思っております」と大森代表。
「この10年の間、当団体は公演の度にそのレベルとクオリティを高水準へと引き上げ、近年はプロ・オーケストラ、フル・コーラスを組織しての本格上演を臨めるまでに成長しました。様々な困難もありますが、10年を機に、今後も更なる発展を目指し精進して参りたい所存です。ご来場心よりお待ち申し上げます」
 出演者など詳細は、主催者のHPでご覧ください。
主催:LIP presents OPERA http://www.lip-opera.com/
共催:(財)北区文化振興財団/東京都北区
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »