無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年2月26日 (金)

通崎睦美マリンバトリオ・コンサート  
3/22(月・祝)pm3:00
三鷹市芸術文化センター
風のホール  

100322マリンバ:
通崎睦美・今田香織・後藤ゆり子

第1部
1 スペイン………E.シャブリエ
2 ルーマニアン・ダンス…B
.バルトーク
3 モリタート………K.ヴァイル
4 パストラーレ…
I.ストラヴィンスキー
5 グラスホッパーズ…坂本龍一
6 Lapping in Yuming’s
   …荒井由実/松任谷由実
第2部
1 マリンバ ソロ曲
2 25の練習曲 より(デュオ)
   …J.F.ブルグミュラー
3 パレスチナの子どもたちの神さまへの手紙 …高橋悠治
4「島こどもうた 2」より…林光 5 シネマ………E.サティ
編曲:土肥寿美子(第1部1) 野田雅巳(第1部2・3
第2部4・5)
    通崎睦美(第1部4・5)  西邑由記子(第1部6)

 またしても、このチラシ、通崎流か、すっとぼけた佇まいだ。今回の東京公演は、「この20年近く取り組んでいる編成で、マリンバ2台を3人で演奏します。20年のうちにメンバーは入れ替わっていますが、この5年ほどは今の3人でやってます」
 通崎さんの公演を取り上げたのは、2007年9月の「木琴とマリンバ」が最初だ。あの巨匠、平岡養一氏の遺族から遺品の木琴と500曲に及ぶ楽譜を譲り受け、「以来、第二の人生が始まった…」というお話しだった。
 今回は3人でデュオとのこと。企画意図について伺った。
…プログラムを添付いたします。見方によっては、マニアックでもあり、また親しみやすくもある、もしかすると一風変わったプログラムです。クラシック通の方にも、マリンバを初めて聴く方にも、それぞれに楽しんでいただけるのではないかと思っています。
 このホールは、残響が長くやわらかいので、マリンバのピアニシモも、ダイナミックなサウンドも、美しく響きます。何が飛び出すか…という気分で楽しみにお出かけいただければと思います。
 ピアノをチョットかじった方ならブルグミュラーを弾いたことがあるのでは…マリンバ・デュオでどんな調べになるのか…それだけでも外せない催しだ。マリンバの実演を御存じない方にその面白さをお伝えするのは至難ですが、エンタテイメント間違いなしと太鼓判を捺します。
 今回は、前2日に、老若男女参加可能(小学校4年生以上)の木琴作りのワークショップもある。のこぎりを使って自分で鍵盤を調律し、オリジナルの木琴を作る講習会とのこと。
「鑑賞一方ではなく、創作を通しても、マリンバに、また音楽に興味をもっていただければ…」という。
http://mitaka.jpn.org/ticket/1003220/
京都在住の通崎さんの多彩な活動については彼女のHPでどうぞ。
http://tsuuzaki.j-spirit.com/blog/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »