無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年3月 6日 (土)

クライネス・コンツェルトハウス
弦楽四重奏団
第9回例会
3/21(日)pm7:00100321sq
学士会館203号室

 クライネス・コンツェルトハウスは、チェロ・小澤洋介とヴァイオリン・三戸素子が主宰する弦楽アンサンブル。その中核となるのが弦楽四重奏団だ。
 昭和の初めに建てられた学士会館でシャンデリアの下、休憩時にはワインをたしなみながら本格的な弦楽四重奏にひたる。今回は、その9回目に当たるのだが、第2ヴァイオリンに新たな仲間が加わり、彼らにとって特別な催し。…こんなメッセージをいただいた。
 後期ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を中心としたカルテットの夕べも、9回を迎えます。そのベートーヴェン、今回は最初から最後まで切れ目なく続けて演奏される異色の作品、第14番を演奏いたします。シンプルに聴こえるのに決して割り切れる事がなく、自由なのに想像もつかない深い底辺が感じられる、そんな「後期作品」の真骨頂がこの曲です。
 今回のコンサートは私的なことで恐縮ですが、「クライネス・コンツェルトハウス」の定期演奏会立ち上げのときから見守り、聴きにいらして下さった故萩原道彦氏の追悼の意もこめさせていただきます。萩原氏は第2ヴァイオリンを務める萩原淑子氏のお父様であり、音楽をずっと愛し続けておられました。
 今回のプログラムは、氏のご冥福を祈る私たちの気持ちとぴったり合って、ベートーヴェンはもとより、もう一曲のモーツァルトも混沌とした前奏から明るく力強い一歩を踏み出す「不協和音」です。心を込めて演奏させていただきたいと思っています。
 音楽を愛するもの同志が一夜に集い、楽聖たちが残してくれた素晴らしい楽曲とう贈り物を味わう、珠玉のひと時を過ごすことができれば幸いです。
 彼らのHPには、演目について素敵なコメントが載っている。これを読んだら、そそられて、きっと外せなくなりますよ。
http://www.kleines-k.com/flyergallery/2010/03/201021.php
70人しかは入れないので、ノンビリしない方がよろしいでしょう。
予約:Tel・042-045-6326 info@kleines-k.com
会場の学士会館は地下鉄「神保町」A9出口、1分。地図は以下のURLで。

http://www.gakushikaikan.co.jp/info/access.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »