無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年3月17日 (水)

100331331カザルスホール331
3/31
(木)pm6:30
日本大学カザルスホール

水野 均(オルガン)
横坂 源(チェロ)
伊藤恵(ピアノ)

第1部:オルガン[6:30から]
J. C. F. フィッシャー:シャコンヌ ヘ長調
J. S. バッハ:
いと高きところでは神にのみ栄光 あれBWV 662
前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV 552

第2部:チェロ&ピアノ[7:15から]
J. S. バッハ:
 無伴奏チェロ組曲第1番 ト長調 BWV 1007よりプレリュード
M. ストロッパ:「そう、そこが問題だ」
シューマン:幻想小曲集 Op.73
J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番変ホ長調 BWV 1010
ベートーヴェン:チェロソナタ第5番ニ長調 Op. 102-2

 カザルスホールがいよいよ今月末に閉鎖される。開館に際し、チェリスト、カザルスの名を掲げることに未亡人の承諾をいただき、後日オルガンが付設された。チェロ演奏家とチェロ愛好家、オルガニストとオルガン音楽愛好家にとっては格別の存在だった。
 これは、ホール最後の日に催される音楽会。プロデューサー・中村ひろ子さんの思いが込められたメッセージを、原文のまま掲載いたしました。
 日本大学カザルスホールは、2010年3月31日をもって使用停止となります。その後のことについては、一切決まっていません。長年ホールに関わってきた者としては断腸の思いながら、ひとまずの区切りとして小さなコンサートを開きます。演奏は、オルガニスト・イン・レジデンスの水野均さん、そして、チェロの横坂源さんです。横坂さんは、2002年にチェリストとしては最年少の中学3年でカザルスホール主催公演の舞台に立ちました。23年にわたる歴史をふりかえってホールゆかりの演奏家を挙げれば、キリがありません。でも今回は敢えて、一番若い横坂さんに未来へのバトンを託したいと思います。ピアノは、伊藤恵さんが快くお引き受けくださいました。再生への切なる願いを込めたコンサートです。カザルスホールに響くオルガンとチェロの音色を、皆様の耳に焼き付けていただければ幸いです。
水野 均(みずの・ひとし/オルガン)
 カザルスホール・オルガニスト・イン・レジデンス。国立音楽大学器楽科オルガン専攻卒業、矢田部賞受賞。同大学院音楽研究科器楽専攻修了。ミラノ市立音楽院古楽器科に留学。東京藝術大学音楽学部大学院音楽研究科後期博士課程修了、博士号(音楽)を取得。国内外で、ソロおよびアンサンブルの双方で活発に演奏活動を行い、オルガン音楽の啓蒙にも積極的に取り組んでいる。1999年、第2代カザルスホール・オルガニスト・イン・レジデンスに就任、以後10年以上にわたってアーレントオルガンを手塩にかけてきた。SACD「アーレントオルガン at カザルスホール」、「バッハ at カザルスホール」、盛岡市民文化ホール歴代オルガニスト3人によるCD「3 -trias-」がある。桐朋学園大学音楽部門古楽器科講師、盛岡市民文化ホールオルガン・アドヴァイザー、日本基督教団早稲田教会オルガニスト。
横坂 源(よこさか・げん/チェロ)
 1986年、新潟市生まれ。4歳半よりチェロを始める。2002年2月、カザルスホール「プロジェクトQ」(ベートーヴェン弦楽四重奏全曲演奏会シリーズ)に最年少チェリストとして出演。同年7月、第5回全日本ビバホール・チェロコンクールにおいて最年少で第1位を受賞。これまで、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団と共演。2005年、ルツェルン・フェスティバル・アカデミーに参加。サントリー株式会社所有の1710年PIETRO GIACOMO ROGERI制作のチェロを貸与されている。2005年第15回出光音楽賞受賞。2008年第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞受賞。チェロを鷲尾勝郎氏、毛利伯郎氏、ジャン・ギアン・ケラス氏に師事。現在、シュトゥットガルト国立音楽大学に在学。
伊藤 恵(いとう・けい/ピアノ)
 幼少より有賀和子氏に師事。桐朋学園高校を卒業後、ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学、ハノーファー国立音楽大学卒業。名教師ハンス・ライグラフ氏に師事。1979年エピナール国際コンクール第1位、1980年J.S.バッハ国際音楽コンクール第2位、クルト・ライマーコンクール第1位、1981年ロン=ティボー国際音楽コンクール第3位及び特別賞と数々のコンクールに入賞。1983年第32回ミュンヘン国際音楽コンクールピアノ部門で日本人として初の優勝。内外の主要なオーケストラと協演を重ねている。1993年日本ショパン協会賞、1994年横浜市文化賞奨励賞受賞。2003年より東京藝術大学准教授。

主催:カザルスホール331実行委員会
全席当日指定 \3,000 
□チケット申込みは、往復ハガキまたはメールで下記の事務局へ。
◇記入内容
 ①ご希望枚数 ②合計金額 ③お名前・郵便番号・ご住所・TEL・メールアドレス
◇締切=2010年3月20日(土)当日必着
◇応募者多数の場合は抽選の上、結果をハガキまたはメールでお知らせいたします。
□入場料は、当日受付にて現金でお支払いいただきます。
◇結果をお知らせしたハガキまたはメールのプリントアウトをお持ちください。
◇入場料と引き換えに、座席指定券をお渡しします。
 *お席はお選びいただけませんので、何卒ご了承ください。
□送付・お問い合わせ先
〒101-0062 千代田区神田駿河台1-6 
日本大学カザルスホール内 カザルスホール331実行委員会
 
Email: casalshall331@gmail.com
FAX: 03-5280-4358
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »