無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年6月15日 (火)

カルメン 稽古たけなわ
全4幕・日本語上演
渋谷シティオペラ 第9回公演
7/4(日)pm3:00
C.C.Lemonホール
(渋谷公会堂)
注:写真は、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。
Atrm_2指揮:上野正博 演出:直井研二
カルメン:杣友惠子 ドン・ホセ:又吉秀樹 エスカミーリョ:直野資
ミカエラ:高谷由美子 フラスキータ:長谷川沙紀 メルセデス:飯島由利江
スニガ:宇野徹哉 モラレス:多田康芳 
レメンダード:澤崎一了 ダンカイロ:押川浩士

渋谷シティオペラ合唱団    渋谷シティオペラジュニア合唱団
AMIフラメンコ舞踊団
東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団
バンダ:藤沢市民交響楽団

Photo_7 渋谷区制70周年記念事業で2002年に始まった渋谷シティオペラも今年第9回。その『カルメン』の立ち稽古に立ち合った。先ずは合唱団の稽古に先月中旬、次いで本番2週間前の一昨日、ソリストの稽古に。
 ソリストは、新人歌手をオーディションで積極的に起用し、ベテラン歌手が支えるという会の趣旨に沿った布陣だ。
 上の写真は、エスカミリオ役のベテラン直野がフラスキータとメルセデス、Photo_11それに合唱団を従えているさまを見てとることができる。フラスキータとメルセデス役は『カルメン』は全く初めてという。タイトルロールの杣友(そまとも)は、メルセデス役の経験はあるが、主役は初めて、ホセ役の又吉は彼のHPによると今秋26歳というから、オペラ界では駆け出し、のはずだが…。 「終盤の第4幕の仕上げはこれから追い込みです」と杣友はいうが、この二人の稽古のノリには、圧倒される。Photo_6
 ミカエラ役の高谷は公演の制作も務めるベテランだ。市民合唱団の母体になっているのは、オペラの会「椰子のみ」。
 「カルメン」は05年に次いで2度目の公演。第1回の「椿姫」以来、「ラ・ボエーム」などイタリア・オペラは原語で上演したが、合唱団がフランス語で演じるのは至難と、「カルメン」は前回も日本語で上演している。
 演出の直井は東京藝大で教鞭を執るかたわら、各地のオペラ団体の公演を数多く手掛けている。Photo_14最近では、08年、和光市サンアゼリアで開催されたヴェルディ初期のオペラ「ナブッコ」 の秀逸な舞台は忘れがたい。 ダイナミックな演技から、登場人物の心の襞を表出させる、表情の機微に至るまで指導に余念がない。
 出演者各人のプロフィールは、ネット検索でご覧ください。
主催:渋谷シティオペラ 共催:渋谷区 後援:渋谷区教育委員会
申込み:渋谷シティオペラ 
080-4184-6950
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/news/oshirase/operacity.html

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »