無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年6月22日 (火)

三浦克次と仲間たち『音楽の福袋』
音楽で伝える恋の作法!? 稽古たけなわ

NPO法人東京ベイエリア市民音楽大学講座 第46回公演
7/10(土)pm2:00
習志野文化ホール

JR津田沼駅南口正面

Photo バス・バリトンの歌手は、オペラの主役で登場する機会はめったにない。が、この日は藤原歌劇団のホープ三浦克次が縦横無尽に舞台を闊歩する。今回彼がタグを組んだのはコンサート・ソムリエ朝岡聡。楽団は、パリ仕込みのピアノ清水佐和子、古今の二刀流ギタリスト坂場圭介、それに朝岡のリコーダー。で、演題は“音楽の福袋”。
 明けてビックリの福袋だが、内緒でチョッピリお教えしよう。開幕は、モーツァルトのオペラ『ドン・ジョヴァンニ』のアリアで、三浦克次と仲間たちが手ほどきする「音楽で伝える恋の作法!?」のはじまり、はじまり。
 今回の仲間たち、男性陣は音大卒ではない。三浦は明治大学、朝岡・坂場の両氏は慶応。こむずかしいことは言いっこなしのエンターテイメント。
Photo_4 トーク付きの締まりのないコンサート、好きではないが、彼コンサートソムリエを自認する朝岡聡だけは別格。アナウンサーが専門職だということがよく分かります。無駄な言葉は一切なし。要を得たトークで、ハイ、前口上をひと言…「古今東西の人々に愛される名曲は、実は‘恋の歌’である場合が多いのです。バロックから映画音楽、日本の歌まで…みなさんよ~く御存じの音楽から‘あんな恋、こんな愛’にまつわる曲を集めてお届けする『音楽の福袋』です」。
Photo_2 日本を代表するオペラ歌手三浦とその仲間が習志野文化ホールに集結。繊細さと情熱を兼ね備えた坂場はモダンと19世紀の2種類のギターを使って、ピアノの清水とともに名人芸を披露。ソムリエの朝岡はご案内だけでなく、演奏歴30年以上のリコーダーでも参加する。
 主催のNPO法人「東京ベイエリア市民音楽大学講座」は、通算46回目のコンサートとなる今回、初めて音楽事務所に頼らず手作りで文字通りの自主公演を催すに至った。 
主催:NPO法人東京ベイエリア市民音楽大学講座
申込み・問い合せ:主催者事務局
 Tel/fax 047-449-1185
*電話受付時間20:00~24:00 Fax常時受信可能
〒272-0818 船橋市緑台2-10-3-503
http://shiminongakukouza.web.fc2.com/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »