無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年7月30日 (金)

9月の都響はロシア音楽オンパレード

 プロムナードコンサート(9/12)に始まり、サントリーホール(9/24)と東京文化会館(9/30)、2つの定期演奏会、演目はすべてロシアもの。それでいて、それぞれ魅力が盛り込まれていて外せない。お見事と云うほかない。

プロムナードコンサートNo.340
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドラ」序曲
プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番
ムソルグスキー/ラヴェル編:組曲「展覧会の絵」
9/12(日)pm2:00100912
サントリーホール

指揮:エドウィン・アウトウォーター
ピアノ:サー・チェン

 都響初登場の若手指揮者エドウィン・アウトウォーターが秋季シーズンの幕を開ける。1971年、カルフォルニア州サンタモニカ生まれのアメリカ人の彼は、ハーバード大学で英文学を専攻するかたわら、音楽活動を本格化させ、サンフランシスコ響で2001年から5年間レジデント・コンダクターとして活躍した。その後、シカゴ響やロサンゼルス・フィルなど主要オーケストラに客演し公共を博し、07年からカナダのキッチナー=ウォータールー響の音楽監督を務めている。今年39歳の新鋭。昨年4月、動画投稿によるオーディションで話題を呼んだ“YouTube交響楽団”のカーネギーホール公演でもドヴォルザークなど2曲を指揮した。真に21世紀型の指揮者といえよう。
「序曲で疾走・躍動する管弦楽の醍醐味を、<展覧会の絵>ではオーケストレーションの妙味とまばゆいまでの色彩感を存分に味わっていただきたい」と主催者。
 ピアノ協奏曲でソリストを務めるサー・チェンは、79年中国河南省生まれで、00年のショパン国際コンクール4位入賞(優勝はユンディ・リ)。彼女が難曲中の難曲をどう弾きこなすのか…聞き逃すわけにはいかない。

第702回定期演奏会Bシリーズ
シチェドリン:管弦楽のための協奏曲第1番
         「お茶目なチャストゥーシュカ」
ハチャトゥリャン:ヴァイオリン協奏曲
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番
9/24(金)pm7:00100924
サントリーホール

指揮:アレクサンドル・ドミトリエフ
ヴァイオリン:
  セルゲイ・ハチャトゥリアン

 定期公演では一転、指揮者にサンクトペレルブルク響の芸術監督・首席指揮者を30年以上務める大ベテラン、アレクサンドル・ドミトリエフを迎える。1935年生まれ、ソ連時代に同じ空気を吸ってきた二人の大作曲家、それに同世代の現代作曲家シチェドリンを披露する。 
 シチェドリンは1932年生まれ、 63年初演の「お茶目なチャストゥーシュカ」は、“ロシアの俗謡をもとに現代風のスパイスをきかせた逸品”という。 
 <仮面舞踏会>で知られるようになったハチャトゥリャン。アルメニア出身で、民族色の濃い音色と大胆なリズムが特徴だが、中でも40年初演のヴァイオリン協奏曲は格別だという。ソリストに迎えるのは85年同じアルメニア生まれ、血縁ではないと云うがハチャトゥリャンと同じ苗字。エネルギッシュな超絶技巧で本作も十八番とか。
 トリのショスタコーヴィチ「交響曲第1番」は、音楽院の卒業作品で、初演は二十歳の1926年。“ソ連が生んだ初の天才”と絶賛されたそうだ。文字通り“若き猛者”の作と云ってよい。

第703回定期演奏会Aシリーズ
プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 作品25「古典交響曲」
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品 23
プロコフィエフ:交響曲第7番 嬰ハ短調 作品131
9/30(木)pm7:00100930a
東京文化会館

指揮:アレクサンドル・ドミトリエフ
ピアノ:マルク・ラフォレ

 9月末の上野の定期公演では、ロシアの大作曲家プロコフィエフの傑作交響曲を2曲聴く。第1番は初演27歳、“早熟の天才”と云われる由縁だが、古典と名付けたタイトルは彼の“ウィット”だそうで、「なるほど親しみやすく愉しい作品だが、モダンな感性に溢れていて、諸先輩を翻弄する秀作」と云われる。第7番の初演は死の前年の1952年。最晩年に病床で書かれたのだが、「不思議に瑞々しい抒情が響く名作で、かつて《青春》などと呼ばれたこともある明朗な歌…そこにも美しく響く陰翳がまた泣かせる」のだそうだ。
 チャイコフスキーは、プロコフィエフが2歳の1893年、彼にバトンタッチするかのように逝った。サンクトペテルブルクでパリの貴族と同様家庭教師について育った、西洋派。今回のソリストはフランス人ピアノストのラフォレ。パリ国立高等音楽院に学び、巨匠ルービンシュタインに師事する。1985年のショパン国際コンクール第2位受賞の後、国際的に活動を開始した。「ロシアの名匠ドミトリエフとの新たな貌に期待していただきたい」とのこと。
http://www.tmso.or.jp/j/concert_ticket/by_month/index.php?year=2010&month=9
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

どれも見逃せません!!
私は3公演全て聴きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »