無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年7月31日 (土)

福富彩子ピアノリサイタル
東京音楽コンクール入賞者リサイタル
9/25(土)pm7:00
東京文化会館
小ホール


J.S.バッハ/半音階的幻想曲とフーガ ニ短調
ベートーヴェン/ピアノソナタ第7番 作品10-3 ニ長調
平吉毅州/ピアノのための悲歌100925pf 
シューマン/謝肉祭 作品9


「東京音楽コンクール」の入賞者に特典として与えられた演奏会。「東京では初のソロリサイタルです。この貴重な機会を生かしてウィーン留学の成果を発表したいと思います」と、節目の30代を前に、満を持して臨む福富さん。
 バロック、古典派は幅広くレパートリーとしており、とりわけJ.S.バッハとベートーヴェンは最も深く共感し得意とする作曲家。ロマン派・近代では、ショパンやシューマンをはじめ、ラヴェルやドビュッシーの印象派における多様な音色、また、リストの作品から垣間見える女性的な一面や音色のきらめきに魅了されている。それに、現代音楽の邦人作品や室内楽にも、意欲的に取り組みたいという。
 今回の選曲について、真摯なコメントを頂いた。
 J.S.バッハとベートーヴェンのピアノ作品には、特別な想いがありました。というのも、幼少の頃から絶えず触れてきた作曲家(作品)であり、この2人の作品から音楽そのものを学んだといっても過言ではありません。さらに、恩師である植田克己先生(現・東京藝大音楽学部長)は、ベートーヴェンの作品の魅力を私に惜しみなく教えて下さいました。ピアノのレッスンで受ける学びはもちろんのこと、先生の演奏されるベートーヴェンを聴いたときの沸き上がる感動は、今も私の「音楽を表現する」ときの指針となっています。初めて開催するリサイタルでは、絶対、ベートーヴェンのピアノソナタを演奏したい!そう心に決めていました。
 プログラムのメインに据えたのがシューマンの「謝肉祭」です。この曲は、ウィーン留学中に演奏会で取り上げた作品です。留学当時、この作品に抱いていたのは、「華やかで音量の要求される作品」というイメージでした。私の最も深刻な課題だったのは、和音の響きの充実がなかなか得られないことでした。自分には負担の大きい作品なのでは…、という不安も感じながら、この曲に取り組むことになりました。けれど、演奏していくうちに、これまで気がつかなかった細やかな表情の変化や小品の持つキャラクターの生き生きとした面白さ、シューマン独特のフレージング…そうした魅力に、またたく間に引き込まれていきました。それまで不安に感じていたことも、ひょっとしたら違う側面から自分らしい表現ができるのではないか…そう思うようになりました。イメージが湧くと、練習に活気が加わっていきます。帰国して、リサイタルの開催を考えたとき、一番始めに頭に浮かんだのがこの曲でした。
 シューマンの前に、学部時代から何度か演奏会などで取り上げさせて頂いた平吉毅州先生の「ピアノのための悲歌」を弾きます。平吉先生は、晩年、やはり作曲家だった私の父と共に沖縄の芸術大学で働いておられました。最初にお目にかかった折、まるで深い海のような方だという印象を受けました。その印象と作品から受ける印象はよく似ています。お亡くなりになる1年ほど前に、この作品を完成させるため研究室にこもっていたという話を父から聞きました。最後まで教育と創作に真摯に向かわれていたその姿勢を、平吉先生の「ピアノのための悲歌」を通して感じることができることを幸せに思います。そして、この作品を演奏すると、必ずといっていいほど、「いい曲ですね」、「録音はありますか?」と、きかれます。その反応は、とても嬉しく温かい気持ちになり、作品に助けられているなぁと、いつも感じるのです。
 これまで私を支えて下さった多くの方々に感謝の気持ちを込めて、そして聴いていただいた皆様の心に残るような演奏会になれば、そう願っています。
 福富さんの略歴については、以下をご覧ください。
http://www.t-bunka.jp/onkon/03nyushousha/03_03.html
主催:ミリオンコンサート協会 Tel:03-3501-5638
http://www.millionconcert.co.jp/monthly2.html#_9
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »