無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年8月31日 (火)

関 定子の世界 歌ありての旅路からⅡ
山田耕筰に教えられた日本歌曲の奥深さ!
9/29(水)m7:00
王子ホール
100929

・《AIYANの歌》(全5曲)
・《露風之巻》より
・《寂しき夜のうた》(全4曲)
・《澄月集》(全5曲) 他

 1970年代年代にミラノ市立音楽学校に学び、77年に欧州で衝撃のデビューと報じられた関定子さん。声域はドラマティック・コロラトゥーラで、低音から超高音までカヴァーできる豊かな声と、高度なテクニック、感性を武器にオペラ、外国歌曲、日本歌曲とジャンルを選ばず活躍し、歌手歴30余年となる。90年代に、CD「山田耕筰歌曲100曲」(94年日本レコード・アカデミー賞受賞)を初めとする日本歌曲で、いわば“再デビュー”を果たし、その後、藤井清水、橋本國彦、平井康三郎、中田喜直、團伊久磨のCDをリリースと、総なめ。彼女に拘る主催者が、この20年間を“歌の軌跡”と題して年2回、5年間で辿ろうという。今回はその第2回公演だ。
 関定子と山田耕筰との出会いは多くの歌手と同じように歌を学んですぐに始まっている。しかし多くのオペラ歌手とは違って関は“日本歌曲”を究める道へ突き進んでいった。そこで彼女が得たものは、「山田耕筰の歌曲の完璧さと日本歌曲の奥深さ」だったという。で、今回の副題は「山田耕筰に教えられた日本歌曲の奥深さ!」となった。
 演目の構成は、余人をもって代え難い共演ピアニスト塚田佳男。塚田氏は、畑中良輔氏とタグを組んで、かれこれ17年間、埋もれがちな日本歌曲に光を当てようと、年に6回、シリーズ<.日本歌曲と音の魔術師たち>を開催している。こちらは新鋭歌手の登板もはかってのこと。毎回、数人の歌手が出演する。今年は、9/16、10/21、12/8。会場は音楽の友ホール。(12月公演には関定子も出演する)
主催:<友>音楽工房 Tel:03-5155-3281 Fax:03-5155-3282
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »