無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2010年12月 5日 (日)

ジルベスターコンサート
ベートーヴェン弦楽四重奏曲
《9曲》演奏会

12/31(金)pm2:00
(終演予定9時半頃)
東京文化会館小ホール101231

 2006年に始まった大晦日のこのベートーヴェンの弦楽四重奏を演奏するというジルベスターコンサート、ご存知でしょうか? 5年目の今年、チラシ裏面の主催者の弁もこなれてきましたので、そのまま紹介させていただくことにしました。
・・・毎年ご来会下さいます好楽家の皆様には厚く御礼申し上げます。
 毎回、拙く記述していますが、そもそもこの会は2003年に始まった大ホールの三枝成彰/岩城宏之氏のシンフォニー9曲コンサートに対抗?して発案されたものです。ベートーヴェン・オタクの私は、毎回行きました。聴きながら、クァルテットを聴きたいな~、との念がふつふつと盛り上がったものです。
 私はこの業界に入って50年、熱心な音楽愛好家で、商売柄、皆様が好まれるものをプロデュースできますので、このコンサートを実行するに至った次第です。
 年の瀬に来し方、行く末に思いを寄せ、ベートーヴェン至高の名曲をじっくり、しみじみ味わうというのは皆様と同じ、私もです。「無人島で過ごす時にはベートーヴェン弦楽四重奏曲のスコアが必携」とケーベル博士は明治時代に書いています。今ならCDでしょう。何ですか、最近は華やかなジルベスターコンサートが日本各地各所でも催されるようになりましたが、この種のコンサートの多様化など、10年前までは考えられないことでした。その中でもユニークな会としてこのベートーヴェン・コンサートはメディアに採り上げられています。
 「日本ベートーヴェン研究会」という学者、演奏家、専門家、音楽愛好家の研究組織が発足すると聞きました。モーツァルト、ワーグナー、マーラーなど、作曲家名を冠した愛好協会は大分以前からありました。今までベートーヴェン協会なるものが無かったのも不思議です。あまり当然過ぎてと思われていたからかも知れません。最近ベートーヴェンのシンフォニーやピアノ・ソナタの全曲演奏会が頻繁に行われています。他の作曲家では、そうまとまった会はあまりありません。200年経ってもベートーヴェンは偉大ですね・・・
 ご来客の皆様から「夕飯はどこで食べたら・・・」と訊ねられますが、お客様の食事時間というものを考えずに迂闊でした。6時ごろ30分間の休憩を取りますので、宜しくお願い申し上げます。
                      小尾 旭(ミリオンコンサート協会代表)
 このサイトの主宰、私も03年の“三枝/岩城”の交響曲全9曲演奏会に参りました。5階の天井桟敷1席が残っていて、千円でした。長い「第九」を2曲分とすると、さながら“100円ショップ”、1曲百円ちょうど。4,5人の家族連れもみられ、クラシック音楽の普及に寄与してました。複数の指揮者が交替に演奏したのですが、自分の番でないときに客席で岩城氏「オレならこう振るのに…」と歯痒い思いをしたそうで、翌年は一人で全曲振りました。そこまではつき合いましたが次第に高価になり、発案者の岩城氏が逝ってしまい…というときに誕生したのが、小尾氏の企画でした。彼は戦後誕生した音楽事務所の今や数少ない創業者のお一人です。
 この公演が広く知られるようになり、遠方からの要望を加味して、今年は関西方面でも帰宅できるよう、終演時間を9時半頃とした由。
 今年の演目は以下のとおり、3楽団が3曲ずつ演奏します。
◇古典四重奏団◇
川原千真・花崎淳生・三輪真樹・田崎瑞博
・弦楽四重奏曲 へ長調 op.59-1 「ラズモフスキーNo.1」
・弦楽四重奏曲 ホ短調 op.59-2 「ラズモフスキーNo.2」
・弦楽四重奏曲 ハ長調 op.59-3 「ラズモフスキーNo.3」
1986年に東京藝術大学卒業の俊英が結成。ベートーヴェン全曲、モーツァルト、シューベルト、バルトーク、ドヴォルザークなどの主要曲をすべて暗譜で演奏。文化庁芸術祭大賞を受賞。
◇ルートヴィヒ弦楽四重奏団◇
小森谷巧・長原幸太・鈴木康浩・山本祐ノ介
・弦楽四重奏曲 変ホ長調 op.127
・弦楽四重奏曲 変ロ長調 op.130
・弦楽四重奏曲 変ロ長調 op.133 「大フーガ」
小森谷巧(読響)、長原幸太(大阪フィル)とそれぞれコンサートマスターの重責を担う。読響ソロ首席の鈴木康浩、元東響首席の山本祐ノ介が新しく結成。
◇クァルテット・エクセルシオ◇
西野ゆか・山田百子・吉田有紀子・大友肇
・弦楽四重奏曲 嬰ハ短調 op.131
・弦楽四重奏曲 イ短調 op.132
・弦楽四重奏曲 へ長調 op.135
全員、桐朋学園大学在学中1994年に結成。第1回東京室内楽コンクール第1位、大阪国際室内楽コンクール第2位。2009年第19回新日鐵フレッシュアーティスト賞受賞。
主催:ミリオンコンサート協会 Tel 03-3501-5638 Fax 03-3501-5620

http://www.millionconcert.co.jp/monthly2.html#_12
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »