無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年4月13日 (水)

奥村友美ピアノリサイタル
   ~音で紡ぐ幻想~

Tomomi Okumura Piano Recital

4/23
(土)pm7:00
浜離宮朝日ホール

・モーツァルト::ピアノソナタ第3番 変ロ長調 KV281
・シューマン: 幻想小曲集 op.12
 
・ベートヴェン: ピアノソナタ第14番「月光」 
      〜幻想曲風ソナタ〜 嬰ハ短調 op.27-2
・ラヴェル : 夜のガスパール
  〜A.ベルトランの散文詩によるピアノのための3つの詩〜110423_2

 奥村友美さんは東京藝大在学中、19歳でパデレフスキー国際ピアノコンクール(ポーランド)第1位受賞。2001年に渡独し、財団法人ロームミュージックファンデーションの奨学生として、ベルリン音楽大学ハンスアイスラー及び同大学院に在籍し、05年ケルン国際ピアノコンクール第3位、翌06年スイスのゲザ・アンダ国際ピアノコンクール第3位を受賞、3年間のコンサート契約を交わしてヨーロッパを中心に15か所でリサイタルやオーケストラとの協演を果たした。ベルリンの音楽大学を08年に最高位の成績で卒業、ドイツ国家演奏家資格を取得。同年、ドイツ、チェコ5都市でのコンチェルトツアーも好評を博した。
 今年4月に国立音楽大学非常勤講師の仕事に就くことになり、今回はいわば帰国記念演奏会となった。企画意図、演目についてコメントが届きました。
 「留学中に勉強したドイツの作品に加え、フランスの作品もプログラムに取り入れ、《音で紡ぐ幻想》と題し、音楽詩集のような演奏会を意図しました。シューマンの幻想小曲集は文学的な標題のついた小品が散りばめられた詩集のイメージがぴったり。作曲者自身が幻想曲風ソナタと題したベートーヴェンの「月光」。ラヴェルの夜のガスパールは、詩人ベルトランの怪奇・幻想的な散文詩集にインスピレーションを得て作曲などと、どの作品も神秘的な “夜”との結びつきがあり、各作曲者がイメージしたファンタジーの世界観を堪能していただけたら幸いです」 
 彼女の海外での活躍、演奏歴や受賞歴などプロフィールは公式HPでご覧いただけます。
http://tomomiokumura.com/japanese.html
主催:奥村友美ピアノリサイタル実行委員会 Tel/fax:053-452-3281
問い合せ:プロアルテムジケTel:03-3943-6677
http://www.proarte.co.jp/
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »