無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年4月11日 (月)

仙台フィルハーモニー管弦楽団を迎えて
オーケストラ・アンサンブル金沢が
「大震災からの復興支援コンサート」

4/18
(月)pm7:00
石川県立音楽堂コンサートホール

指 揮:井上道義、山下一史  
リーダー&ヴァイオリン:安永 徹
管弦楽:仙台フィルハーモニー管弦楽団
     オーケストラ・アンサンブル金沢

・シューベルト/劇音楽「ロザムンデ」より(仙台フィル:指揮 山下)
・シベリウス/フィンランデア
(仙台フィル:指揮 山下)
・ドヴォルザーク/交響曲第9番「新世界より」
(合同:指揮 井上)
                                            
ほか

 井上道義を音楽監督に戴くアンサンブル金沢は、仙台フィルを招聘し、石川県立音楽堂で“頑張れ東日本コンサート”を挙行する。
 指揮者は仙台フィルの正指揮者山下一史氏と井上マエストロ。丁度、元ベルリン・フィルのコンサートマスターの安永さんが定期公演に出演予定なのでリーダーとして共演する。
 「仙台フィルのメンバーは何も活動できない、翼をもがれた状態です。バスでお出で頂くので大変ですが、今回の演奏のチャンスを喜んでいただき、金沢の温かいもてなしを一時でも感じていただければ嬉しいです。また、安永君とは彼の学生時代以来,実に久しぶりです」とマエストロ。
 入場料収入から公演経費(仙台フィル移動費、宿泊費等)を除いた全額は、被災された方々への復興資金として仙台フィルに預託される。
入場料:全席自由席 5,000円  大学生以下2,000円(支援義援金を含む) 
問合せ:石川県立音楽堂チケットボックス Tel:076-232-8632
http://www.orchestra-ensemble-kanazawa.jp/

. 

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »