無料ブログはココログ

« | トップページ | »

2011年4月29日 (金)

音楽の始まり
~グレゴリオ聖歌と聲明
立教女学院 文化財で聴くオルガンレクチャーシリーズⅦ
回「グレゴリオ聖歌-Veni Creator Spiritus-」
5/21
(土)pm2:00
立教女学院聖マーガレット礼拝堂

・橋本周子(聖グレゴリオの家宗教音楽研究所所長)
・岩崎真実子(立教女学院オルガニスト)
・合唱:カペラ・グレゴリオアーナ
    
グレゴリオ聖歌:「聖霊降臨のミサ」より
                      入祭とアレルヤ・続唱     
バッハ:来たれ、創造主なる聖霊よ
110521

 聖マーガレット礼拝堂 文化財で聴くオルガンレクチャーシリーズ、今回は『音楽の始まり』と題して「グレゴリオ聖歌と聲明しょうみょう」を取り上げ、二つの異なる宗教の、祈りの音楽の共通点を探る。まず、5月はグレゴリオ聖歌をとりあげる。橋本周子氏によるネウマ譜の歌い方(解釈)のレクチャーを中心にカペラ・グレゴリオアーナのメンバーによるグレゴリオ聖歌の演奏とグレゴリオ聖歌をもとにしたオルガン曲が演奏される。(もう一方の「聲明」は9/24、チラシ参照)
 カペラ・グレゴリアーナは、聖グレゴリオの家、宗教音楽研究所に属し、グレゴリオ聖歌の古記譜法に基づく演奏で連続してCD録音を行い、ヨーロッパからも注目されている合唱団。今回は男声メンバー4名による演奏とのこと。
「このたびの震災で亡くなられた方々のためにグレゴリオ聖歌でのレクイエムも演奏されることになりました。また節電のために、パイプオルガンも電気モーターを使わず、足踏みふいごを使用します。今年度コンサートの純益はすべて被災された皆さまにお送りいたします」と講師の岩崎氏。氏については下記のURLをご覧ください。
http://www.mamikoiwasaki.com/biography/index.html
主催・問合せ:立教女学院キリスト教センター
Tel/fax:03-5370-3038 (月火木金10:00-16:30) 

*なるべくご予約ください。(チケットは当日精算です)
*チケットセンター等での取扱いはありません。

入場料:2,000円(全席自由・就学前のお子様の入場は不可)
http://www.rikkyo.ne.jp/grp/jogakuin/chr_center/organconcert10.html
注:チラシは、右クリック、「リンクを新しいウィンドウで開く」で、拡大できます。

.

« | トップページ | »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« | トップページ | »